ショートトラックスピードスケートとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > オリンピック競技 > ショートトラックスピードスケートの意味・解説 

ショートトラックスピードスケート

歴史と沿革


ショートトラックスピードスケートはアイススケート競技一つで、室内スケートリンク行われるのが特徴です。ヨーロッパ北米においては1930年代頃からスポーツとして普及していたようですが、日本では第二次世界大戦後昭和20年代後半競技として大会開催されるようになりました。

オリンピックには1988年カルガリー大会公開競技として初め登場し、続く1992年アルベールビル大会から正式種目として採用されました。日本代表は、カルガリー大会初参以降アルベールビルリレハンメル1994年)、長野1998年)、ソルトレークシティ2002年)、トリノ2006年)、バンクーバー2010年)と連続して参加しています。特に長野大会では男子500mで西谷岳文選手金メダル植松仁選手銅メダル獲得し、それまであまり耳慣れないスポーツだったショートトラック競技広く認知された大会となりました。

近年日本スケート連盟は小、中学生(9~13歳)対象ノービス大会数多く主催し、将来オリンピック選手育成にも取り組んでいます。


競技会


競技種目


男子 500m 1000m 3000m 5000mリレー
女子 500m 1000m 3000m 3000mリレー

選手権大会初日1500mと500m、2日目に1000m、スーパーファイナルとして3種総合上位8位までの選手による3000mが行われ、総合得点チャンピオン決めます。

オリンピックユニバーシアード国民体育大会は各距離別優勝者決定します。


競技方法

ショートトラックレースは、タイム競うスピードスケートとは異なり順位による勝ち抜き行われます。短距離は4名、長距離は6~8名の選手で競います。1周111.12mのトラックで巾7mのコース高速競うため、接触によるトラブルでの失格救済レフェリーによって判定されます。


現在、世界では韓国中国カナダ米国等が上位国ですが、近年ロシアドイツフランスイタリアなど欧州各国実力をつけてきています。日本過去には数多く世界チャンピオン輩出し、指導立場にありましたが、ここ数年諸外国台頭目覚ましく、苦戦しているのが現状です。

競技スポーツとしての楽しさとともにスピードスリル満ちレース観戦するスポーツとしても面白く、多くの人に楽しまれています。


ルール


複数選手が滑るため、基本的に追い抜く側の選手責任ありますが、抜かれまいと故意妨害する場合逆に失格を取られます。スピーディーレース展開の中でトラブル判定するレフェリーも大変な仕事といえるでしょう

*より詳しい競技ルールについてはこちらご参照ください


用具/リンク


● 安全防具
氷上格闘技といわれるショートトラックレースは、安全対策ルール守ること最重要課題としています。リンクの壁面は厚い防護マットカバーされ、選手は安全防具として、ヘルメット手袋、ネックガード、膝当て肘当て等の着用義務づけられています。


スケート靴
1周400mスピードスケート違い、1周111.12m、半径8mのリンクで競うショートトラックカーブでの足首負担大きく、靴は足首までグラスファイバー固めたものを着用し、ブレードも氷の状態等に応じて調整のできるL字型のカップ使用しています。

● リンク :
ショートトラックフィギュアスケートアイスホッケーと同じ30m×60mのリンクを使用します。標準トラック(1周111.12m)についての詳細規定こちらご参照ください



ショートトラックスピードスケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 22:48 UTC 版)

ショートトラックスピードスケート(英語:Short track speed skating)は、アイススケート競技のうち、アイスホッケーフィギュアスケートと同じサイズの室内スケートリンクで行われる競技である。




「ショートトラックスピードスケート」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ショートトラックスピードスケート」の関連用語

ショートトラックスピードスケートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フラッグフットボール

グラウンド・ゴルフ

武術太極拳

グラススキー

アーチェリー

マレットゴルフ

ローンボウルス

パラシュートスポーツ





ショートトラックスピードスケートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショートトラックスピードスケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS