フィギュアスケートとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > フィギュアスケートの意味・解説 

フィギュアスケート [5]〔figure skating〕

スケート競技の一。音楽合わせて滑走演技行い,その技術美しさ競うもの。男女シングル・ペア・アイス-ダンスなどがある。フィギュア

フィギュアスケート

歴史と沿革


スケート起源石器時代にまで遡ります。ヨーロッパ各地冬季氷結した運河や川の上獣骨毛皮でつくった滑走部の付いた履物滑走したことが始まりといわれます。当初移動手段として広まりましたが、1250年前後オランダ鉄製ブレード開発されたとされ、オランダイギリス中心にレジャースポーツとして楽しまれるようになりました。その後、より早く移動することを追求するスピードスケートと、貴族社会中心により優雅滑走するフィギュアスケートに分化していきました。

フィギュアスケートは、氷上図形figureフィギュア)を描いて滑走することからその名が付き、描かれた図形精度競う種目へと変化しました。19世紀中頃にはオランダイギリス人々によってさまざま滑走技術開発されます。さらに1860年代アメリカジャクソン・ヘインズ音楽伴奏とともにバレエ社交ダンスで用いられるダンス動き取り入れたことで格段に発展し、現在のフィギュアスケートの原型となりました。1892年にはヨーロッパ国際スケート連盟発足し、1896年には世界選手権大会開催されています。また、19世紀後半にはカナダヘインズ流のスケート紹介され、北米にも新しスケートが広まりました。

日本でフィギュアスケートが知られるようになったのは1865年海外新聞掲載された記事きっかけと言われています。実際に滑走されるようになったのは1900年前後とされていますが、日本スケートはじまりには諸説あり、宣教師教師として来日したアメリカ人指導による説が一般的です。スケート靴が簡単に手に入らなかった当時竹草履やそれを改良した「下駄スケート」が滑走用具として用いられ、日本スケート原型となりました。

太平洋戦争までのフィギュアスケートはヨーロッパ勢のものだったといって過言ではなく他国とのレベルの差が歴然としていましたが、戦後ソビエト勢や北米勢が台頭し、近年ではアジア勢の活躍が目立つようになっています。現在、競技者として日本スケート連盟に登録されているフィギュアスケートの競技者数は約4,500名です。


競技方法


広い氷上空間音楽にのせて演技行います。優雅で観ている者を魅了し、選手はより美しくより個性表現できるよう芸術性を追求しますが、同時に高速スピン回転数の多いジャンプが行われるなど競技的な側面合わせ持つスポーツです。

美し演技過酷練習の上に創り上げられたものであり、繊細です。選曲演技スタイルは各選手さまざまで、スケーターによって創造された氷上空間は観ている者を飽きさせません。


ルール


競技カテゴリーは、ペア男女各1名でペアを組む)、男女シングルアイスダンス男女各1名でカップルを組む)の4つがあります。公式競技会では通常ショートプログラムアイスダンスショートダンス)とフリープログラムアイスダンスフリーダンス。ともに以下、フリーとする。)の2度演技が行われます。

かつては氷上規定図形をいかに正確に描くことができるかを競う規定演技コンパルソリー)と呼ばれる種目とフリープログラムが行われていましたが、1990年世界選手権大会最後にアイスダンスを除いた3種目における規定演技廃止されました。演技時間ショートプログラムが2分50秒、フリーシニア場合)はペア男子が4分30秒、アイスダンス女子が4分であり、それぞれ±10秒の幅が認められます。


採点方法
採点技術的内容評価である「技術点」と、スケート技術音楽解釈など(項目はアイスダンスとその他の種目で異なる)を点数化して評価する「構成点」の合計行われます。

技術点の主な採点対象は、ペア及びシングル演技の中で実施される各種ジャンプスピンステップになります。ペアではこれらの技に加え男性女性持ち上げリフトや、男性補助女性平方向に投げるような形のスロージャンプなどのアクロバティックな技も実施されます。アイスダンスでは、ステップワークや滑走技術そのものがダンスリフトと並んで技術評価大部分占め一方で回転数の多いジャンプ男女離れて行うスピン禁止されています。

ジャンプスピンといった技の詳しい解説については日本スケート連盟ホームページご参照ください


道具など

■ リンク
かつてはオリンピック屋外スケートリンク行われたこともありますが、現在の公式競技会国際規格である60m×30mの屋内スケートリンク行われています。

ブーツスケート靴
選手氷上滑走するための金属製の刃である「ブレード」が付いた革製、あるいは一部プラスチック製のブーツスケート靴)を履いて競技に臨みます。スピードスケートアイスホッケーブレード大きく異な特徴は、つま先にトゥピックと呼ばれるギザギザが付いており、ジャンプスピンを行うのに欠かせない部分です。ブレード厚さ3mm~4mmほどで、氷に接す部分エッジと呼ばれ、細い溝を挟み内側外側に2本あります横から見るとエッジカーブしており、エッジ全体が氷に接するのではなく部分的であることがわかります。このカーブがフィギュアスケート独特の氷上での曲線的な動きを可能にしています。

■ その他
競技会では演技使用する楽曲表現に有効な衣装着用します。また、競技会での演技使用する楽曲アイスダンスを除き、ボーカル入り楽曲使用禁止されています。



フィギュアスケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/11 07:24 UTC 版)

フィギュアスケート: figure skating)は、スケートリンクの上でステップスピンジャンプなどの技を組み合わせ、音楽に乗せて滑走する競技。名称はリンクの上に図形(フィギュア)を描くように滑ることに由来するもので、立体造形物のフィギュアとは関係ない。シングルスケーティングペアスケーティングアイスダンス冬季オリンピック正式競技。また、団体で演技するシンクロナイズドスケーティング世界選手権が行われている。




[ヘルプ]
  1. ^ 【乾坤一筆】羽生「金」に見る仙台に根付く「気勝ち」サンケイスポーツ 2014年2月28日)
  2. ^ 65. 日本フィギュア・スケート発祥の地 (PDF)仙台市民図書館せんだいメディアテーク 『要説 宮城の郷土史』) p.146
  3. ^ 仙台市朝日小学生新聞政令指定都市ファイル」 2008年3月17日)
  4. ^ SINGLE & PAIR SKATING and ICE DANCE 2014 as accepted by the 55th Ordinary Congress June 2014 (PDF) (国際スケート連盟「Special Regulations and Technical Rules」)… "Rule 342 Required rinks" より
  5. ^ International Skating Union (2006年6月). “Rule 500 Definition of the skate blade and clothing (PDF)” (英語). Special Regulations & Technical Rules: Single & Pair Skating and Ice Dancing 2006. 2007年6月7日閲覧。







フィギュアスケートと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フィギュアスケート」の関連用語

フィギュアスケートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バトントワリング

クロリティー

新卓球

フラッグフットボール

ウエイトリフティング

パラシュートスポーツ

アイスホッケー

グラススキー





フィギュアスケートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィギュアスケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS