ショートテニスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > テニス > ショートテニスの意味・解説 

ショートテニス

歴史と沿革

ショートテニスは、テニスボールよりもやや大きめスポンジボールと軽いラケットに、通常のテニスコートよりも小さな、バドミントンコートを利用して行うスポーツです。国によっては「ミニテニス」と呼ばれることもあり、本格的テニスに進むための近道にもなるスポーツです。

1970年代スウェーデンテニス指導者のために考案され、スウェーデン世界的テニス強国になる基礎作りました。その後英国テニス協会LTA)がルールまで確立し、本格的普及に努めました。今では、ショートテニスはより簡単にテニス醍醐味習得できるとして、世界各国盛んに導入されています。

日本では1985年ショートテニス振興会発足し、全国的普及活動重ねています。LTAとも提携し、スウェーデンテニス界や国内関係者協力得て国内講習会海外での指導者研修小学生による全国ショートテニストーナメント(年1回:東京体育館)、ショートテニス教室国立競技場体育館)、指導者育成講習会などを開催し、今日まで盛況のうちに推移しています。


競技方法

スポンジ製のやや大きめで軽いボールを使うので、思いきり強打しても相手コートバウンドする時には適度なスピードになっているので反応しやすく、ラリー続きます。

また、コート通常のテニスコートよりも小さなバドミントンコートを使うので、お子さんたちや初心者ご高齢の方でも楽しくプレイできます


ルール

一般的な注意点として、ショートテニスはローンテニスと同じ方法行われます。従って、下記規則ローンテニス規則拡大したものとして適用されます。
※より詳しいルールについては、こちらへ。

基本的ルール
サービス
サービス相手コート対角線半分内に入れる。
サービスは2回行うことができるが、2回目が入らないと失点する。
ボールは手から離れコートバウンドする前に打たなければならない
サービスは2ポイント終わるごとに交代する。

プレイ
サービスレシーブは、必ずボールがワンバウンドしてから打たなくてはいけない
 ノーバウンド打っ場合失点する。
サービスレシーブ以外は、ワンバウンドする前でもボールを打つことができるが、2バウンドすると失点する。
プレーヤーは、合計ポイントが8の倍数ごとにコートチェンジする。
ボール天井、壁、その他の障害物に当たった場合当てプレーヤー失点となる。

●種目
シングルス11先取制。ただし、状況に応じて9点先取制にアレンジすることもできる。
ダブルスサービス以外は、シングルスと全く同じルール方法プレイする。
サービスは、4人のプレーヤー順番に2ポイントずつ交互に行う。つまり、Aチーム一人が1、2点目のサービスをしたら、3、4点目はBチームどちらかサービスをし、5、6点目は再びAチームもう一人のプレーヤーサービスする。


道具、コートなどの説明

ショートテニスコートサイズ(バドミントンコート)

ショートテニス ボール







ショートテニスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ショートテニス」の関連用語

ショートテニスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゲートボール

ダーツ

キャンプ

ウエイトトレーニング

セイルトレーニング

軟式野球

キャンプ

ラジオ体操





ショートテニスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS