ソフトテニスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > テニス > ソフトテニスの意味・解説 

ソフトテニス

歴史と沿革


ソフトテニスは127年2011年現在)の歴史を誇る日本生まれ育った大衆スポーツです。明治初期日本伝来した近代テニスローンテニス)を基に、ゴムボールを使用する日本独特のテニス軟式テニス)として考案され、当時日本体育界の先覚者だった坪井玄道氏らによって1884年明治17年)、東京高等師範学校(現筑波大学)において行なわれたのが始まりとされています。

その後多く大学社会人中学等において軟式テニス積極的に行われ全国的普及がなされ、大正13年日本軟球協会」が全国統括機関として発足しました。1992年平成4年)には100年以上続いた名称が「軟式庭球」から「ソフトテニス」に改められました。1993年平成5年)にはシングルス採用サービスポジション、ファイナルゲームなどの変更とした国際競技規則制定され、その後規則2004年平成16年)に一部改定されています(*)。

ソフトテニスは現在、競技スポーツとしてだけでなく、老若男女問わず幅広い年齢層楽しめる生涯スポーツとしても普及定着し、特に小・中高校生中心とした多くジュニア親しまれているスポーツです。


国際化
日本ソフトテニス連盟はソフトテニスの発展のため国際的普及活動にも力を注いでいます。韓国中華台北とともに東南アジアへの普及活動積極的に行い1956年昭和31年)からはアジア選手権大会開催しています。さらに、アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・南アメリカ世界各地でも普及活動を行っています。

1974年昭和49年)には「国際軟式庭球連盟」が結成され、国際大会も増えています。1975年昭和50年)には「第1回軟式庭球世界選手権大会」がハワイ開催され、2007年平成19年)の第13大会韓国)にはヨーロッパ13ヵ国を含む、42の国・地域参加しています。アジア競技大会には1990年平成2年)の北京大会初め公開競技として採用され、1994年平成6年)の広島大会から正式競技となっています。また、2009年平成21年)には第1回国ジュニア大会三重県四日市市開催されました。現在は、オリンピック大会への参加目標さらなる普及活動が進められています。

(*)詳しくは『ソフトテニスハンドブック』をご参考ください日本ソフトテニス連盟ホームページより購入できます


競技方法・ルール


ソフトテニスは、ネットをはさんで相手向かい合いラケットボール打ち合いポイントを競います。自分コート飛んできたボールノーバウンドコート一度つかない状態)か、ワンバウンド(コート一度だけついた状態)で返します。

ソフトテニスのマッチにはダブルスシングルスがあり、対戦方法としては個人戦と団体戦ありますマッチは、ダブルスでは7ゲームマッチ(4ゲーム先取勝利)か9ゲームマッチ(5ゲーム先取勝利)、シングルスでは5ゲームマッチ(3ゲーム先取勝利)か7ゲームマッチで行われるのが一般的です。

1ゲームは4ポイント先取です。ただし、ファイナルゲーム(3G3G又は4G4G)だけは7ポイント先取行います。カウントのとり方は、0(ゼロ)、1(ワン)、2(ツー)、3(スリー)と簡単に誰にでも分かりやすくなっています。

ソフトテニス用語集日本ソフトテニス連盟編)


試合の見どころ


ダブルス
ソフトテニスのダブルス魅力は、ラリー(球の打ち合い)が続くことと、ペアを組む2人プレーヤーコンビネーション妙技あります。まず、ラリーの見どころはシュートボール速いボール)での打ち合い迫力はもちろん、ロビング(山なりのゆるいボール)やショートボールを織り交ぜ多彩な攻撃や、スマッシュボレーなどの華麗ネットプレーが挙げられます。

コンビネーションパートナー同士互いにカバーし合うだけでなく、相手陣形を崩すような配球をしたり、ポジション取りを変えたりすることによって味方プレーヤーポイントしやすいようにしたり、相手ミスを誘ったりすることもあります。各選手個々動作注目すると、またひと味違った競技の楽しみ方ができるでしょう

シングルス
シングルスでは、対戦する両プレーヤー敏捷性巧緻性パワー状況判断力、プレッシャーへの抵抗力集中力などが勝敗の鍵になります。


道具・コート

ボール
白色または黄色ゴム製品
重さ 30~31g
直径 6.6cm(±0.1cm)


コートダブルス) :
ラインコート含まれる




ソフトテニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 13:55 UTC 版)

ソフトテニス(英語: Soft Tennis)は、二人または二組(四人)のプレイヤーがゴム製のボールネット越しにラケットで打ち合う球技で、軟式庭球軟式テニスとも呼ばれる。正式名称は、1992年の全面的なルール改定の際にソフトテニス[1]となった。




[ヘルプ]
  1. ^ 英語表記では1992年以前もsoft-tennis。また中国語圏(中国、台湾等)では現在でも軟式の文字が使われている(軟式網球)
  2. ^ 出典 日本ソフトテニス連盟発行『ソフトテニスコーチ教本』および『ソフトテニス指導教本』大修館書店2004年発行
  3. ^ 国際大会においては1992年にジャカルタで開催された第二回アジア選手権において個人戦シングルスが行われたのが最初となる。翌1993年の東アジア競技大会(上海)では団体戦にも採用(上海大会には公開種目として参加)。国内では1994年に第一回の全日本シングルス選手権が天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権(ダブルス)と同時開催された。日本学生連盟ではそれ以前も独自ルールでシングルス選手権を開催してきている。
  4. ^ 『戸外遊戯法』は1883年にイギリスで出版された『アウトドアゲームス』(FWストレンジ)の翻訳といわれている。
  5. ^ ボール製作会社は明治30年頃には2社、明治40年代には7社。
  6. ^ 西アジアをのぞく、ほぼアジア全域に普及している。中国、台湾、韓国、北朝鮮、モンゴルマカオインドネシアマレーシアタイベトナムラオスフィリピンモルジブインドパキスタンバングラデシュネパールカザフスタンキルギスタントルクメニスタン
  7. ^ 第12回世界ソフトテニス選手権大会(2003年・広島)には全大陸よりエントリーがあった。
  8. ^ 日本、韓国、中華民国(台湾)の3か国対抗、男子団体戦、女子団体戦、男子ダブルス、女子ダブルスの4種目。現在の世界選手権の前身となった。
  9. ^ ドイツイタリアフランスチェコハンガリーオーストリアポーランド
  10. ^ ドイツ、ハンガリー、チェコ等
  11. ^ 1988名古屋、1992ジャカルタ、1996バンコク、2000佐賀、2004チェンマイ、2008ムンギョン、2012嘉義(台湾)で開催。
  12. ^ 1990年北京大会には公開競技として参加
  13. ^ 1993年上海大会には公開競技として参加
  14. ^ 男女それぞれにU21、U18、U15の3つのカテゴリーがあり、それぞれダブルス、シングルスが競技された。
  15. ^ 国際ジュニアソフトテニス大会 主催-アジアソフトテニス連盟
  16. ^ 旧国際ジュニアソフトテニス選手権
  17. ^ 1993年上海大会では公開競技、1997年釜山大会2001年大阪大会2005年マカオ大会では正式種目、2009年香港大会では正式種目からはずれた。2013年天津大会では正式種目として復帰。同大会はその2013年天津大会をもって終了予定、東アジアユースゲームズとして再スタートすることが決まっている
  18. ^ 1978,6.28朝日新聞東京版。文部省(当時)がおこなった調査に基づく記事。
  19. ^ 日本ソフトテニス連盟発行「ソフトテニスコーチ教本』他による
  20. ^ ソフトテニスはその普及の過程で東京高師(現筑波大学)の卒業生たちの手によって全国に広く分布普及していった歴史的背景、経緯 がある。
  21. ^ 歴史的にダブルス中心で発展し、現在もダブルスが主流だが、1992年のアジアソフトテニス選手権においてシングルス(個人戦)が採用、1993年の東アジア競技大会では団体戦においてシングルスを導入し3ダブルス2シングルスの形式で競技され、以後、団体戦にシングルスを組み込むことが慣例となった(2003年世界選手権より2ダブルス1シングルス)。1994年には全日本シングルス選手権が創設、以後、急速に普及が進んでいる。
  22. ^ ラケットあるいはコインを使用する。じゃんけんが併用される場合もある。
  23. ^ コート上でマッチの直前に行われる場合、入場前に行われる場合がある。
  24. ^ トスとは、選択権を得たプレイヤーが第1ゲームのサーブ・レシーブ、又はコートサイドを選び、もう一方のプレイヤーは残った方を選ぶもの。
  25. ^ ベースライン中央にある
  26. ^ ダブルスの場合、2ポイント毎にペア内でサーバーを交代する
  27. ^ 1-1ワンオール、2-2ツーオール
  28. ^ 天皇賜杯(男子)、皇后賜杯(女子)
  29. ^ 旧全日本総合選手権
  30. ^ 最古の室内大会、第一回より大阪で固定開催されている。開催年度のランキング上位ペアが出場(2015年現在で12組。
  31. ^ 少年男子、少年女子、成年男子、成年女子の4カテゴリ毎の団体戦。2014年までは3ダブルスの点取り戦、2015年より2ダブルス、1シングルスの点取り戦。
  32. ^ 一般(フリー)、成年(35歳以上)、シニア(45歳以上)の各種目がある、シニアは5歳刻みで数種目あり。
  33. ^ 企業対抗の団体戦(3ダブルス点取り)。国体のリハーサル大会を兼ねる。
  34. ^ 2ダブルス、1シングルスの点取り戦
  35. ^ 下部リーグとして日本リーグ入れ替え戦、全日本実業団リーグ、各地区リーグがある
  36. ^ 一般男子、一般女子、成年男子(35歳以上)、成年女子(35歳以上)の4種目
  37. ^ 全日本社会人より独立。45歳以上5歳区切りの各カテゴリーがある。
  38. ^ 文部大臣杯大学対抗団体戦、三笠宮杯(ダブルス)、全日本学生シングルスの3トーナメントから成る。
  39. ^ 各地区春季リーグ戦の優勝校が出場。近年は台湾、韓国代表大学も出場。
  40. ^ 総理大臣杯
  41. ^ 団体戦(3ダブルス点取り戦と個人戦ダブルス 男女計3種目から成る_
  42. ^ 学校対抗の3ダブルス点取りによる団体戦。毎年度末に名古屋で開催される。
  43. ^ 毎年2月に高松市で開催
  44. ^ 3ダブルス点取り団体戦。韓国、台湾からも参加あり。
  45. ^ 毎年6月に北海道で開催
  46. ^ ダブルス、シングルス
  47. ^ 年度末に三重県伊勢市で固定開催
  48. ^ ストリング(ス)---俗に『ガット』ともいわれるが、厳密には『ガット』はナチュラルストリングスを指す。ソフトテニスにおいてナチュラルストリングスといえば鯨筋を指すが、現在はあまり用いられない
  49. ^ 日本ソフトテニス連盟の規定では、フレームに使われる材質や重量、または寸法・形状などに関する規定は無いが、両面のプレー特性が同一になるように設計されたもの、打球面は平面のもの、と定められている(競技規則第14条)
  50. ^ 現在日本国内では白、黄、青、赤、黒が販売されているが、白、黄以外は日本ソフトテニス連盟公認球ではない。なお公式戦では白色球が使用されることがほとんどである。
  51. ^ 日本における公式戦では日本ソフトテニス連盟公認球が使用される。2015年現在、公認球は3種(三社、以前は数種(数社)あった)のみ。マッチにおけるボールの選択にはトスによる任意選択制、主催者の指定の二通りがある。
  52. ^ 砂入り人工芝の通称として用いられる「オムニコート」は、SRIハイブリッド社の登録商標である。
  53. ^ イースタングリップにはフォアハンドイースタンとバンクハンドイースタンがあるが、ソフトテニスにおいてイースタングリップというとき、ほとんどに場合フォアハンドイースタンを指す
  54. ^ 古くはイングリッシュグリップともいわれる。
  55. ^ オーバーヘッドで打球される。
  56. ^ ショルダーカットサーブとほぼ同様の低い打点でのサーブ。セカンドサーブで用いられる。
  57. ^ 日本ソフトテニス連盟発行の教程
  58. ^ 現在、国際大会のトップクラスではこれが主流である。
  59. ^ 国内においてはマッチ開始前の練習は1分以内であることが多い。進行状況によっては省略されることもある。


「ソフトテニス」の続きの解説一覧

ソフトテニス

出典:『Wiktionary』 (2011/04/20 07:07 UTC 版)

名詞

ソフトテニス

  1. ゴム製のボール使用するテニス

語源

翻訳

関連語






ソフトテニスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソフトテニス」の関連用語

ソフトテニスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

軟式野球

ソフトボール

ショートテニス

スピードスケート

クロッケー

ボクシング

トランポリン

3B体操





ソフトテニスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトテニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのソフトテニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS