ハヤブサが守る家 評価

ハヤブサが守る家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 08:12 UTC 版)

評価

この作品は、『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラーリスト (enに、子ども向けチャプター・ブック部門で1年以上連続掲載された。2012年4月29日には、45週間の掲載の末、リストのトップに躍り出て[7]、同年5月20日に4位に甘んじるまでこの地位を維持した[8][9][10]。作品は63週掲載後、2012年9月9日にベストセラーリストリストから陥落した[13][14]

ロサンゼルス・タイムズ』紙のデボラ・ネットバーンは、小説の最も優れた点として、「本から湧き上がるような一連の白黒写真」を挙げた[15]。『パブリッシャーズ・ウィークリー英語版』では、「よく練り上げられたキャラクター、現実のようなウェールズの舞台設定、とても気味の悪い怪物たちが、作品を楽しく風変わりなものにしている」と評価した[16]

続編

続編となる小説 "Hollow City" (en2014年1月14日に発売された[17]。時系列では第1作の直後に位置付けられ、ジェイコブと友人たちが、ミス・ペレグリンの元から「世界の奇妙な首都」(英: The "peculiar capital of the world")であるロンドンへ避難する筋書きである[18]

ミス・ペレグリンシリーズの第3作は "Library of Souls" (enと銘打たれ、2015年初頭に出版される予定だったが[19]、実際には同年9月22日に発売された[19]

翻案・翻訳

カサンドラ・ジーン(英: Cassandra Jean)によるグラフィックノベル2013年11月に発売された[20]

作品の最初の日本語訳は、2013年東京創元社から出版された[1]。翻訳は山田順子が担当し、『ハヤブサが守る家』との訳題が用いられた[1]。その後、2016年同名映画公開に合わせ、潮出版社から新訳の文庫版が出版されている[2]。この新訳では、金原瑞人・大谷真弓が翻訳を担当し、訳題が映画と同じ『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』に変更された[2]

映画化

この作品を原作とした映画が、ティム・バートン監督、ジェーン・ゴールドマン脚本で2016年9月30日全米公開された[21]タイトル・ロールのミス・ペレグリンはエヴァ・グリーン、ジェイクはエイサ・バターフィールド、そしてエマはエラ・パーネルがそれぞれ演じた[22]


注釈

  1. ^ カリフォルニア州パサデナで開催されている蚤の市
  2. ^ 英: the old man's grave

出典

  1. ^ a b c d ランサム・リグズ『ハヤブサが守る家』山田順子訳、東京創元社、2013年10月30日。全国書誌番号:22322116ISBN 978-4-488-01656-2NCID BB13892268OCLC 862055605
  2. ^ a b c ランサム・リグズ『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(上・下)』金原瑞人・大谷真弓訳、潮出版社、2016年12月。全国書誌番号:22827858ISBN 9784267020728NCID BB22829943OCLC 968148113
  3. ^ a b Rife, Susan (2011年12月16日). “Ransom Riggs visits alma mater to discuss 'Miss Peregrine's Home for Peculiar Children'”. Sarasota Herald-Tribune. オリジナルの2012年1月3日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/64QIUDMeF?url=http://artssarasota.com/2011-12-16/featured/ransom-riggs-visits-alma-mater-to-discuss-miss-peregrines-home-for-peculiar-children/ 
  4. ^ a b Cameron, Claire (2011年8月19日). “Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children, by Ransom Riggs”. The Globe and Mail. 2012年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  5. ^ Medley, Mark (2011年6月21日). “Freak chic: The "universal creepiness" of Ransom Riggs' new novel”. National Post. オリジナルの2012年1月3日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/64QJ3ie9c?url=http://arts.nationalpost.com/2011/06/21/freak-chic-ransom-riggs-new-novel-uses-vintage-photography-for-universal-creepiness/ 2017年1月29日閲覧。 
  6. ^ Best Sellers – Children's Chapter Books”. New York Times (2011年8月21日). 2012年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  7. ^ a b Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年4月29日). 2012年9月30日閲覧。
  8. ^ a b Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年5月6日). 2012年9月30日閲覧。
  9. ^ a b Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年5月13日). 2012年9月30日閲覧。
  10. ^ a b Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年5月20日). 2012年9月30日閲覧。
  11. ^ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち - 映画.com 2017年1月29日閲覧。
  12. ^ a b “奇妙なこどもたち”の能力が一挙判明!「ミス・ペレグリン」本編映像入手”. 映画.com (2017年2月1日). 2017年2月1日閲覧。
  13. ^ Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年9月2日). 2012年9月30日閲覧。
  14. ^ Best Sellers – Children's Chapter Books”. The New York Times (2012年9月9日). 2012年9月30日閲覧。
  15. ^ Netburn, Deborah (2011年5月17日). “Found photography drives 'Miss Peregrine's Home for Peculiar Children'”. Los Angeles Times. 2012年4月25日閲覧。 “The best part of the new novel "Miss Peregrine's Home for Peculiar Children," (besides that deliciously gothic title) is a series of black-and-white photos sprinkled throughout the book.”
  16. ^ Children's Review: Miss Peregrine's Home for Peculiar Children”. パブリッシャーズ・ウィークリー英語版. 2012年4月25日閲覧。 “It's an enjoyable, eccentric read, distinguished by well-developed characters, a believable Welsh setting, and some very creepy monsters.”
  17. ^ Riggs, Ransom (2013年2月7日). “Hi! I'm still alive . . .”. 2013年4月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  18. ^ Lee, Stephan (2013年5月29日). “See the title and an excerpt from the sequel to 'Miss Peregrine's Home for Peculiar Children' -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly . 2013年6月4日閲覧。
  19. ^ a b Romney, Ginny (2015年2月21日). “Author Ransom Riggs draws inspiration from old photos for Peculiar Children series, sequel 'Hollow City”. Deseret News. オリジナルの2015年2月21日時点によるアーカイブ。. http://www.deseretnews.com/article/865622417/Author-Ransom-Riggs-draws-inspiration-from-old-photos-for-Peculiar-Children-series-sequel-Hollow.html?pg=all 
  20. ^ Lodge, Sally (2013年11月14日). “Ransom Riggs Returns to Miss Peregrine's Home with 'Hollow City'”. Publishers Weekly. 2013年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  21. ^ Fleming Jr, Mike (2011年12月2日). “'X-Men: First Class' Scribe Jane Goldman Scripting 'Miss Peregrine's Home For Peculiar Children'”. Deadline.com. http://deadline.com/2011/12/x-men-first-class-scribe-jane-goldman-in-talks-for-miss-peregrines-home-for-peculiar-children-200480/ 2014年10月10日閲覧。 
  22. ^ Kroll, Justin (2014年7月28日). “Eva Green Eyes Tim Burton’s ‘Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children’”. Variety. http://variety.com/2014/film/news/eva-green-tim-burton-miss-peregrine-1201267954/ 2014年7月29日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハヤブサが守る家」の関連用語

ハヤブサが守る家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハヤブサが守る家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハヤブサが守る家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS