IM-BM11号とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > IM-BM11号の意味・解説 

IM-BM11号【アイエムビイエム11ゴウ】(きのこ類)

登録番号 第15254号
登録年月日 2007年 3月 15日
農林水産植物の種類 まいたけ
登録品種の名称及びその読み IM-BM11号
 よみ:アイエムビイエム11ゴウ
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 一正蒲鉾株式会社
品種登録者の住所 新潟県新潟市津島屋7丁目77番地
登録品種の育成をした者の氏名 川口信久沼田史江、石黒毅士生、宮北
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、出願所有保存菌株福島県野生種)に育成系統交配して育成されたものであり、さん表面の色が濃褐色中葉施設栽培向きの品種である。寒天培地上の最適生長温度は26叢の色の有無は無、表面形状平滑周縁部形状不整一、厚さ及び密度は普通である。菌床被膜形成は少、被膜の色の有無は無である。子実体発生までの期間は6170日、発生最適温度は20~25生長最適温度は18~21、1袋当たりの収量は650gである。さんの大きさは中、厚さはかなり厚い、断面形状は1型、表面の色は濃褐色、環紋は3型、毛は少である。管孔の孔口断面凹凸は無、管孔発達部位は3型である。断面形態は2型である。「M51号」と比較して、さんが厚いこと等で、「IM-NGM」と比較して、さんが大きく、厚いこと等で区別性が認められる。なお、「M51号」及び「IM-NGM」との対峙培養において明確な帯線形成を示す。
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成14年出願者の施設新潟県新潟市)において、出願所有保存菌株福島県野生種)に育成系統交配し、その菌株の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、15年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IM-BM11号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IM-BM11号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2019 Weblio RSS