韓国語能力試験とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 韓国語能力試験の意味・解説 

韓国語能力試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/21 09:28 UTC 版)

韓国語能力試験(かんこくごのうりょくしけん、: 한국어능력시험、英:Test of Proficiency in Korean、TOPIK)は大韓民国政府の教育部国立国際教育院(NIIED)が主催、認定する韓国語を母語としない人や在外韓国人を対象とした韓国語の語学検定試験である。最上級の6級から最下級の1級まで6つの等級に分けられる。[1] 2025年から、香港大学の入学試験の第2外国語領域の選択科目に韓国語が追加される。韓国語能力試験の成績の点数が大学受験に活用される。韓国語を大学入学の試験科目として採択した国は、9ヵ国(日本中国香港、ベトナムタイスリランカウズベキスタンフランスオーストラリアニュージーランド)がある[2]


注釈

  1. ^ 改編前(2014年4月試験まで)は、合計点の他に、各領域の点数が及第点を満たした級で合格を判定していた。
  2. ^ 2011年までは有効期間が設けられていなかったため。

出典

  1. ^ 試験概要”. 韓国語能力試験TOPIK. 2024年3月21日閲覧。
  2. ^ 香港の大学入試に2025年から韓国語追加、韓国語能力試験成績を活用”. 동아일보 (2022年6月23日). 2024年3月21日閲覧。
  3. ^ 試験概要 韓国教育財団、2023年12月16日閲覧。
  4. ^ 「試験紹介」 国立国際教育院(2014年7月6日閲覧)
  5. ^ 2018~2022 국가 회차별 지원자 응시자 합격자国立国際教育院、2023年12月16日閲覧。


「韓国語能力試験」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韓国語能力試験」の関連用語

韓国語能力試験のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



韓国語能力試験のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓国語能力試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS