荻道大城湧水群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 日本の名水 > 荻道大城湧水群の意味・解説 

荻道大城湧水群(おぎどうおおぐすくゆうすいぐん)

湧水 沖縄県中頭郡北中城村

名水画像
位置情報

周辺の自然環境
古くから火の神仏壇供えられ、健康祈願などに用いられてきた湧水。元日には字の役員が湧水を巡り発展と健康を祈願するハチウビーという伝統継承されている。世界遺産文化遺産に囲まれた沖縄本島中部位置する。
利用状況
主にサトウキビランサヤエンドウ栽培などの他、草花への散水一部家庭で洗濯家畜家きんきんの飲み水として常時利用されている。戦前まではワカミジ(若水)として火の神仏壇供え新し年の家隆昌と健康を祈願していた。今でもハチウビー(初御水)の祈願行い伝統的利用されている。
水質・水量
1日の湧水量:30トン
由来・歴史
湧水が集まる大城地区集落化したのは約700年前。荻道17世紀半ば琉球国高究帳」に、18世紀には「琉球国由来記」「琉球国旧記」に登場します。湧水利用集落形成時からと思われ、近く中城城跡石積みとほぼ同様の琉球石灰岩の布積みであることから、これら湧水群は1440年頃にできたと考えられる


水質保全活動
住民率先して活動し、湧水周辺美化清掃草木水やりなどは組織を超え、毎日十数名の住民により欠かすことはない。さらに、観光地修景緑化事業により8000本のランブーゲンビリアを湧水周辺及び地域歩道わきなどに植え、住民手入れ日常的に行うことで訪れ人々を楽しませている。
アクセス
鉄道バスでお越し場合
■ 喜舎場バス停留所より徒歩20


【 お車でお越し場合
■ 沖縄自動車道北中城IC」→5分

お問い合わせ
沖縄県中頭郡北中城村 生活環境
〒 901-2311
沖縄県中頭郡北中城村喜舎場426番2
TEL : 098-935-2233
http://www.vill.kitanakagusuku.lg.jp/site/view/ index.jsp

アクセスマップ
アクセスマップ図




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荻道大城湧水群」の関連用語

荻道大城湧水群のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荻道大城湧水群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS