珠瑠美とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 珠瑠美の意味・解説 

珠瑠美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/16 10:12 UTC 版)

珠 瑠美(たま るみ、1949年1月15日 - )は、日本の女優映画監督脚本家である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]。出生名は小谷 瑠美(こたに るみ)[1][2][3][4][11]木俣堯喬との結婚後本名は木俣 瑠美(きまた るみ)[2]珠 るみ珠 ルミとクレジットされた作品もある[13]プロダクション鷹取締役、代表取締役を歴任した[17][18]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s キネ旬[1980], p.436.
  2. ^ a b c d e f g h i j k キネ旬[1988], p.248.
  3. ^ a b c d e f g h i Sharp[2008], p.295.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 珠瑠美jlogos.com, エア、2014年11月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 国立国会図書館サーチ検索結果、国立国会図書館、2014年11月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 年鑑[1973], p.137-139, 153, 170, 180.
  7. ^ a b c d e f g h i j キネ旬[1973], p.4, 32, 43, 77, 124.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Rumi Tama, インターネット・ムービー・データベース (英語)、2014年11月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av 珠瑠美珠ルミ木俣瑠美東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年11月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 珠瑠美木俣瑠美文化庁、2014年11月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 珠瑠美KINENOTE, 2014年11月13日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 木俣瑠美allcinema, 2014年11月13日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 珠瑠美日本映画データベース、2014年11月13日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i 珠瑠美日本映画製作者連盟、2014年11月13日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 珠瑠美日活、2014年11月13日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i 大蔵映画黎明期プログラムリストPINK HOLIC, トライワークス、2014年11月13日閲覧。
  17. ^ a b 年鑑[1983], p.227.
  18. ^ a b 年鑑[1997], p.256, 258.
  19. ^ 石割[2002], p.76.
  20. ^ 小谷春男 - KINENOTE、2014年11月13日閲覧。
  21. ^ 小谷春男 - 日本映画データベース、2014年11月13日閲覧。
  22. ^ 椿姫、日活、2014年11月13日閲覧。
  23. ^ 渡辺公夫 - KINENOTE、2014年11月13日閲覧。
  24. ^ 渡辺公夫 - 日本映画データベース、2014年11月13日閲覧。
  25. ^ a b c キネ旬[1980], p.434.
  26. ^ 田中[1976], p.85-86.
  27. ^ 情事のあと始末六邦映画、2014年11月13日閲覧。
  28. ^ 性の売買、六邦映画、2014年11月13日閲覧。
  29. ^ キネ旬[1980], p.24.
  30. ^ キネ旬[1980], p.630.
  31. ^ シナリオ[1974], p.78-82.
  32. ^ 年鑑[1977], p.216.
  33. ^ 年鑑[1978], p.151, 216.
  34. ^ 木俣堯喬 - 日本映画データベース、2014年11月13日閲覧。
  35. ^ 和泉聖治 - 日本映画データベース、2014年11月13日閲覧。
  36. ^ 木俣堯喬氏死去 映画監督共同通信、2004年11月7日付、2014年11月13日閲覧。
  37. ^ a b 金曜上映会のお知らせ 4月-5月山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー、2003年4月10日付、2014年11月13日閲覧。
  38. ^ a b c 神代辰巳レトロスペクティブ、シネマヴェーラ渋谷、2014年11月13日閲覧。
  39. ^ a b 官能の帝国4、シネマヴェーラ渋谷、2014年11月13日閲覧。
  40. ^ a b 60年代まぼろしの官能女優たち PART IIラピュタ阿佐ヶ谷、2014年11月13日閲覧。
  41. ^ 強面・純情・ロケンロー! 力也FOREVER!!、ラピュタ阿佐ヶ谷、2014年11月13日閲覧。
  42. ^ Prisoner ♀(メス) 残酷!おんな刑務所、ラピュタ阿佐ヶ谷、2014年11月13日閲覧。
  43. ^ 平成16年度独立行政法人国立美術館事業実績統計表独立行政法人国立美術館、2014年11月13日閲覧。


「珠瑠美」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「珠瑠美」の関連用語

珠瑠美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



珠瑠美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの珠瑠美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS