有機分子触媒とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学試験 > 触媒 > 有機分子触媒の意味・解説 

有機分子触媒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/08 14:12 UTC 版)

有機分子触媒(ゆうきぶんししょくばい、organocatalyst)は、金属元素を含まず、炭素水素酸素窒素硫黄などの元素から成る、触媒作用を持つ低分子化合物のことである。単に「有機触媒」と呼ばれることもある。2000年にデヴィッド・マクミランによって提唱された。


  1. ^ K. A. Ahrendt et al J. Am. Chem. Soc., 122, 4243 (2000)
  2. ^ B. List et al. J. Am. Chem. Soc., 122, 2395 (2000)
  3. ^ Z. G. Hajos et al. J. Org. Chem. , 39, 1615 (1974)
  4. ^ B. List Tetrahedron, 58, 5573 (2002)
  5. ^ K. Maruoka et al. Chem. Rev., 103, 3013 (2003)
  6. ^ Y. Shi 有機合成化学協会誌, 60, 342 (2002)
  7. ^ D. Enders et al. Chem. Rev., 107, 5606 (2007)
  8. ^ P. A. Chase et al. Angew. Chem. Int. Ed., 46, 8050 (2007)


「有機分子触媒」の続きの解説一覧



有機分子触媒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有機分子触媒」の関連用語

有機分子触媒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有機分子触媒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有機分子触媒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS