旧台南測候所とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 旧台南測候所の意味・解説 

旧台南測候所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/08 17:26 UTC 版)

旧台南測候所繁体字: 原臺南測候所、きゅうたいなんそっこうじょ)は、台湾台南市中西区にある気象観測に用いられた建築物。正十八角形の建物の中心から白色の塔が伸びており、その形から「胡椒管」とも呼ばれている。1898年に落成し、日本統治時代初期に作られた大型建築物の一つとして知られ、台湾における現代気象観測の普及の地でもある。






「旧台南測候所」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「旧台南測候所」の関連用語

旧台南測候所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



旧台南測候所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旧台南測候所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS