土佐造りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 土佐造りの意味・解説 

とさ‐づくり【土佐作り/土佐造り】

叩き3


とさ‐づくり【土佐作・土佐造】

〔名〕 たたきの一種高知県名物で、三枚おろしのかつおを皮付きのまま強火であぶり、調味酢をかけて包丁の腹で軽くたたいたもの。土佐やき。


鰹のタタキ

(土佐造り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 06:28 UTC 版)

鰹のタタキ(かつおのタタキ)は、高知県土佐国)発のカツオを用いた魚料理(刺身の一種)。鰹を節に切り、表面のみをあぶったのち冷やして切り、薬味とタレをかけて食べるもので、別名「土佐造り」とも言う。


  1. ^ NHK総合テレビ『チコちゃんに叱られる!』(2018年10月12日放送分)では、高知市内の料理店で、焼いて盛りつけた後で塩を振り手で叩く場面が取り上げられた。参照:gooテレビ番組


「鰹のタタキ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土佐造り」の関連用語

土佐造りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



土佐造りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鰹のタタキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS