反対咬合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 咬合 > 反対咬合の意味・解説 

反対咬合

読み方はんたいこうごう
別名:受け口

上の歯よりも下の歯が外側に出た状態。前歯のみで起こる場合が多いが、成長期の子供で奥歯の反対咬合を放っておくと顔が曲がるなどの障害が生じる場合がある。

 一般的に前歯反対に咬んでいる状態を示します。上下前歯傾斜原因があるものと、骨格の異常が原因場合あります
 乳歯であれ、永久歯であれ、正常な咬み合わせでは全ての上の歯は下の歯より少し外側に咬みます。これの逆の状態を反対咬合といいますが、全ての歯が反対に咬んでいることは稀です。前歯だけ反対場合が多いのですが、奥歯反対に咬んでいる場合あります
 奥歯見えにくいので気付きにくいのですが、放置しておくと成長伴って顔が曲がる原因ともなるのでなるべく早く専門家相談したほうが良いと思われます。すでに下顎の過成長がある場合その後の顎の成長発育に伴い悪化することがあります


反対咬合(はんたいこうごう)

下の前歯上の前歯よりも前に出ている噛み合せの状態のこと。受け口とも呼ばれる

下顎前突症

(反対咬合 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 21:07 UTC 版)

下顎前突症(かがくぜんとつしょう、:mandibular prognathism、Prognathism) とは、歯科における不正咬合の一形態。噛み合わせたときに下あごにある歯全体が上あごにある歯全体より前方に突出していることをいう。受け口しゃくれ反対咬合ともいう。見た目上の特徴としては、下唇が上唇よりも明らかに前にある。


  1. ^ a b c 『プロフィトの現代歯科矯正学(CONTEMPORARY ORTHODONTICS)』 著者 プロフィト.ウイリアムR (William R.Proffit) クインテッセンス出版 ISBN 4-87417-306-3 C3047
  2. ^ Chudley (1998) Genetic landmarks through philately – The Habsburg jaw. Clinical Genetics 54: 283-284.
  3. ^ 亀山孝將 おしゃぶり誘発顎顔面変形症PFDS)(1)、(2)、(3)、(4)、 月刊保団連;2006.11 No918、2006.12 No920、2007.3 No927、2007.4 No932、ISSN 0288-5093
  4. ^ 柳澤宗光他「機能的矯正装置による反対咬合者の治療に関する研究」『日本矯正歯科学会雑誌』第44巻第4号、日本矯正歯科学会、1985年、 734頁、 ISSN 1349-0303
  5. ^ 柳澤宗光「小児の反対咬合治療の開始時期について」『デンタルダイヤモンド』第19巻第13号、デンタルダイヤモンド社、1994年、 186-189頁、 ISSN 0386-2305


「下顎前突症」の続きの解説一覧



反対咬合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反対咬合」の関連用語

反対咬合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反対咬合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2020 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下顎前突症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS