充填 豆腐とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > 豆腐 > 充填 豆腐の意味・解説 

充填豆腐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:36 UTC 版)

充填豆腐(じゅうてんとうふ)は、絹ごし豆腐製造時の濃い豆乳冷却後に凝固剤加えて合成樹脂製の角型容器充填して摂氏90度40分から50加熱し成形した上で冷却した豆腐英語表記はpackaged-tofu。衛生的保存性が高いのが特徴加熱凝固させるので殺菌され衛生的なため、長期保存優れている。更に品質均質で輸送性に優れている上に葉酸ビタミンB9)の含有量他の種類豆腐の約2倍である。重量100 gあたりエネルギー59 kcalたんぱく質5.0 g、灰分0.8 g。第二次世界大戦後発明され発展した

※この「充填豆腐」の解説は、「豆腐」の解説の一部です。» 「豆腐」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



充填 豆腐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

充填 豆腐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



充填 豆腐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全豆連全豆連
(c)2022 Zentouren. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの豆腐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS