ロジャー・ペンロースとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ロジャー・ペンロースの意味・解説 

ロジャー・ペンロース

ブラックホールの基本的性質を解明 宇宙論では時空の新しいとらえかた「ツイスター理論」を提唱

ロジャー・ペンローズ(1931〜)は、英国エセックス州コルチェスター生まれ数学者理論物理学者です。ロンドン大学ケンブリッジ大学数学を学んだあと、英米大学研究行い1973年以降オクスフォード大学教授職について数々論文発表しています。
ペンローズ研究テーマ一般相対性理論宇宙に関する理論的研究で、スティーブン・ホーキング共同であらわした「ペンローズホーキング特異点定理」や「事象の地平線」などの論文通してブラックホール基本的性質明らかにしました。また宇宙構造に関して一般相対性理論量子力学統一した量子重力論を展開し、「ツイスター理論」を提唱して、宇宙とはどんな全体像なのか、その再構築試みています。


数学の世界では「ペンローズタイル」を発見近年は脳の働きについての提言も

ペンローズもう一つ研究分野数学で、この分野でもさまざまな業績をみせています。その一つである「ペンローズタイル」は、平面隙間なくおおうには、どのような図形タイルなら可能なのかを発見したもので、その後このテーマが「準結晶」とよばれる研究対象として多く注目を浴びました。
また近年では、人間意志や心に関するさまざま考察量子脳理論として展開するなど、多く話題を提供しています。このようにペンローズは、ホーキングとともに今日を代表する理論物理学者一人といえます。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロジャー・ペンロースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロジャー・ペンロースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency

©2021 GRAS Group, Inc.RSS