ロケットの構造とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ロケットの構造の意味・解説 

ロケットの構造

酸化剤のはたらきが、空気のない宇宙空間での飛行を可能にする

ロケットには、燃料のほかに燃料燃焼させる酸化剤(さんかざい酸素など)が積み込まれています。そのため空気中の酸素使用して加速するジェット機などとはちがって、空気のない宇宙空間でも飛行できるのです。逆にジェット機酸化剤がない分、多く乗客荷物をのせることができますロケット燃料酸化剤のことを「推進剤(すいしんざい)」といい、固体推進剤使用するものを「固体燃料ロケット」、液体推進剤使用するものを「液体燃料ロケット」といいます。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロケットの構造」の関連用語

ロケットの構造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロケットの構造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency

©2020 Weblio RSS