ロケットの制御とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ロケットの制御の意味・解説 

ロケットの制御

計算機からの指令で、ロケットの姿勢や飛行方向を変えるのが「制御」

計算機からの指令もとづいて、主にロケット姿勢飛行方向変えることを「制御」(せいぎょ)といいます。風などの影響を受けずに、ロケット安定して飛ばすために、つねにカジとりをしています。

ロケットによりさまざまな、制御方法のしくみ

ロケット速度飛行方向制御には、翼を動かす「空気翼法」や「噴流翼法」エンジン噴射する「副エンジン法」や「ガスジェット法」など、いろいろな方法あります

翼を動かして舵とりをする

翼(つばさ)を動かして舵(かじ)をとって、制御します。


翼で噴射ガスの方向を変える

ノズルの中の翼を動かして、噴射ガス方向変えることによって制御します。たとえば、翼を左に動かすと、ガス一部が左へ噴射し、ロケットの尾部を右に押す力がはたらいて、ロケットは左に向きます。この方法は、かつてV2号に使われましたが、現在はほとんど使われていません。


ノズルに気体や液体を吹き込む

ノズル中に気体液体を吹き込んで、噴射ガス方向変えることによって制御(せいぎょ)します。この方法は、固体燃料ロケットによく使われます。M(ミュー)3Sロケットでは、1段と2段目のノズルに、この装置が使われています。


エンジンやノズルを動かして制御する

メインエンジン全体、またはノズルを動かして方向を変えて制御します。ノズル向きを動かす方法は、スペースシャトルのメインエンジンと補助ブースターに使われています。


小型エンジンを噴射する

小型エンジン噴射して方向を変え、制御(せいぎょ)します。


ジェットガスを噴射する

ガスジェット噴射して方向を変え、制御します。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロケットの制御」の関連用語

ロケットの制御のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロケットの制御のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency

©2020 Weblio RSS