ロケットの慣性航法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > 航法 > ロケットの慣性航法の意味・解説 

ロケットの慣性航法

ジャイロと加速度計で速度と位置をわり出す「慣性航没

ジャイロによってロケット姿勢変化測定し、加速度計出力から、速度位置随時割り出していくことを「慣性航没(かんせいこうほう)といいます。ロケットの中の、ジャイロ加速度計まとめて慣性センサ」と呼び、これらをつめた箱を「IMU」といいます。IMUには、「プラットフォーム方式」と「ストラップダウン方式」の2つがあります

慣性センサを一定の姿勢に保つ「プラットフォーム方式」

空間に対してIMU(慣性センサユニット)を一定の姿勢に保つ方式です。宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))H-I ロケットは、プラットフォーム方式採用しています。


ロケットに慣性センサを固定する「ストラップダウン方式」は小型で高精度

IMU(慣性センサユニット)をロケット固定する方式です。ストラップダウン方式は、プラットフォーム方式比べて低重量小型、低消費電力高精度というふうに技術的には優位ですが、機体運動検出するための入力角度範囲の広いジャイロと、座標変換をおこなうための高速搭載計算機が必要になります宇宙開発事業団N-IIロケットH-IIロケットH-IIAロケットはストラップダウン方式採用しています。





ロケットの慣性航法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロケットの慣性航法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロケットの慣性航法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency

©2020 Weblio RSS