ロケットの打ち上げ工程とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ロケットの打ち上げ工程の意味・解説 

ロケットの打ち上げ工程

打ち上げ前のカウントダウンは発射3日前にスタート

ロケットには誘導制御システム搭載されているので、自分位置姿勢がわかりますが、衛星は切り離された後の位置姿勢地球センサー太陽センサー計測するため、地球の夜側でロケットから分離することはできません。
発射可能な時間帯季節投入軌道によって異なり、分単位まで計算されますが、意外と短く、1日のうち30分から2時間程度です。これを逃すその日打ち上げ中止せざるをえなくなります。
1996年8月打ち上げられたH-IIロケット4号機を例にとると、カウントダウン打ち上げ3日前から始まりその日その日割り当てられた作業着実にこなしていき、いよいよ発射の約7分前から秒読み開始されます。

打ち上げ前夜のH-IIロケット4号機(1996年8月16日)
打ち上げ前夜H-IIロケット4号機(1996年8月16日)

ロケットの発射から衛星の切り離しまで1,664秒

打上げは、第1段ロケットがリフトオフの6秒前に点火します。リフトオフと同時に固体ロケットブースタ(SRB-A)を点火します。すさまじ轟音(ごうおん)を発しながらロケットは全推力自重を超えた瞬間に射座を離脱します。
SRB-A100秒間の燃焼の後、105秒後に分離します。220秒後に衛星フェアリング分離されます。第1段ロケット389秒後に燃焼停止し、399秒後に分離します。405秒後に第2段ロケットの第1回点火おこなわれます。1,421秒後に第2段ロケットの2回目の点火おこなわれ、1,664秒後、衛星分離され、静止トランスファ軌道投入されます。

発射されたH-IIロケット4号機(1996年8月17日)
発射されたH-IIロケット4号機(1996年8月17日)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロケットの打ち上げ工程のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロケットの打ち上げ工程のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency

©2020 Weblio RSS