マークスマンライフルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > マークスマンライフルの意味・解説 

【マークスマンライフル】(まーくすまんらいふる)

DMR(Designated Marksman Rifle)

狙撃銃のうち、突撃銃としての使用想定して設計されたもの。
バトルライフルなど高精度自動小銃スコープ二脚装着している場合が多い。
最初からこの目的設計された銃としてはSVDドラグノフ)が有名。

マークスマンとは射撃名手を意味し、特にDesignated Marksman歩兵中でも狙撃技能選抜訓練された「選抜射手」を指す。
選抜射手歩兵部隊一員として行動し、突撃銃射程外にいる敵の排除担当する。
狙撃手として待ち伏せを行う事も想定されるが、常にそのような運用が可能だとは考えない。

このため有効射程を損なわないまま、可能な限り小型軽量である事が求められる
また、少なくともセミオート、可能であればフルオートでの射撃が可能である事も求められる
じっくりと狙い定め時間的余裕期待しないため、速射性に難のあるボルトアクション忌避される。

主なマークスマンライフル

M39EMR1280.jpg

Photo:MASDF

(M39EMR)


選抜射手

(マークスマンライフル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 08:56 UTC 版)

選抜射手(せんばつしゃしゅ、: Designated marksman, DM)はマークスマンとも呼ばれ、アメリカ陸軍歩兵小隊に属し、主として800メートル以内の標的に対してより正確な射撃をするために訓練された歩兵のことを指す。正確な射撃だけではなく素早く攻撃を加えることが求められ、一般の歩兵と狙撃手の中間の存在といえる。




「選抜射手」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マークスマンライフル」の関連用語

1
74% |||||


3
36% |||||

4
36% |||||

5
36% |||||

6
34% |||||

7
18% |||||

8
16% |||||

9
16% |||||

10
16% |||||

マークスマンライフルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マークスマンライフルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの選抜射手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS