Designated Marksman Rifleとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > Designated Marksman Rifleの意味・解説 

【マークスマンライフル】(まーくすまんらいふる)

DMR(Designated Marksman Rifle)

狙撃銃のうち、突撃銃としての使用想定して設計されたもの。
バトルライフルなど高精度自動小銃スコープ二脚装着している場合が多い。
最初からこの目的設計された銃としてはSVDドラグノフ)が有名。

マークスマンとは射撃名手を意味し、特にDesignated Marksman歩兵中でも狙撃技能選抜訓練された「選抜射手」を指す。
選抜射手歩兵部隊一員として行動し、突撃銃射程外にいる敵の排除担当する。
狙撃手として待ち伏せを行う事も想定されるが、常にそのような運用が可能だとは考えない。

このため有効射程を損なわないまま、可能な限り小型軽量である事が求められる
また、少なくともセミオート、可能であればフルオートでの射撃が可能である事も求められる
じっくりと狙い定め時間的余裕期待しないため、速射性に難のあるボルトアクション忌避される。

主なマークスマンライフル

M39EMR1280.jpg

Photo:MASDF

(M39EMR)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Designated Marksman Rifle」の関連用語

Designated Marksman Rifleのお隣キーワード

D-Day

DACT

DDI

DLIR

DME

DRF

Designated Marksman Rifle

E-2

E-3

E-4

E-767

E-8

EADS

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Designated Marksman Rifleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2020 Weblio RSS