プラストミックとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > プラストミックの意味・解説 

プラストミック

英語:Plastomic

人体防腐処理を施す手法一種生物細胞組織から体液抜き取り合成樹脂置き換えることによって、細胞組織腐敗から防ぎ同時に元の姿に近い色や形を留めることを可能にする。

合成樹脂使用した防腐処理は、フォン・ハーゲンスが開発した「プラスティネーション」(Plastination)がオリジナルであり、「プラストミック」の名称は、日本で「人体の不思議展」を開催運営している人体の不思議展実行委員会用いている呼び名である。

人体の不思議展」では、プラストミック処理を施し人体解剖標本間近で見ることができるだけでなく、触れたり実際に触ったりすることができる。人気を博している一方で一部では見世物要素が強すぎて不謹慎ではないかという声も上がっている。

関連サイト
人体の不思議展

プラスティネーション

(プラストミック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/05 14:45 UTC 版)

プラスティネーション (Plastination) とは、人間動物遺体または遺体の一部(内臓など)に含まれる水分脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換えることで、それを保存可能にする技術のことである。


  1. ^ 人体の世界 国立科学博物館 過去の特別展アーカイブより


「プラスティネーション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラストミック」の関連用語

プラストミックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プラストミックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラスティネーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS