パルボB19ウイルスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物 > ウイルス > パルボB19ウイルスの意味・解説 

パルボB19ウイルス ( parvovirus B19 )

伝染性紅斑こうはん)、いわゆるリンゴ(のほっぺ)病」の原因ウイルスです。したがって、このウイルスの罹患者小児に多いのですが、おとなでもまれに感染することがあります好発期は春で、地域的流行をみます。潜伏期は4~14日ほど。ウイルス自体は弱毒性なので不顕性感染いわゆるキャリア)のケース少なくありません。しかし、おとなでも多発性の関節炎や、妊婦感染した場合流産胎児死亡などの原因になる可能性指摘されています。また、鎌状(かまじょう赤血球症などの慢性溶血疾患(たとえば溶血性貧血)では、骨髄無形成発症要因となるなど、呼吸器内科血液内科医師要注意ウイルスと見なしています。臨床的な特徴は、軽度発熱や軽い倦怠感とともに、“平手打ちされたような跡”が頬に広がることです。症状自体は5~10日ほどで治まりますが、発疹日光暑さ運動発熱、その他強いストレスによって再発することがあります。さらに、このウイルスエンベロープ外皮)を持たずウイルス粒子直径小さい、熱に強いなどの性質のあるところから、血液製剤製造過程ウイルスの不活化除去が困難な面がありますこのため、とくに血漿分画製剤製造工程厳し排除することが義務づけられています。



パルボB19ウイルスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パルボB19ウイルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パルボB19ウイルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved

©2019 Weblio RSS