パイロリシスとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > パイロリシスの意味・解説 

パイロリシス

読み方ぱいろりしす
【英】: pyrolysis

石油根源岩評価のための有効な分析法の一つ
岩石試料900 1 時間半加熱し、その後残存炭素量(CR)を測定するものと、岩石試料不活性ガスヘリウムまたは窒素)中で約 20 / 分の割合で約 550 まで徐々に加熱していき、その過程放出されてくる炭化水素量を温度関数として捕らえる方法がある。前者石炭産業利用されていた手法で、CR岩石試料中の全有機炭素量(CT)の比で石油根源岩熟成度を求める。後者はロック・エバル分析装置による熱分解法で、図のような記録が得られる。最初ピークは約 200 前後現れ、既に地下生成され、岩石試料中に残っていた炭化水素よるものである(ピーク 1 )。ピーク 2 は 350550 間に現れ、パイロリシスの人工的熱分解により生成された炭化水素よるものである。ピーク 3 は加熱中に生成された二酸化炭素よるものである。これらのピークに対応する部分面積それぞれ S1、S2、S3 とし、かつ、ピーク 2 の温度を Tmax として石油根源岩評価判定材料とする。石油根源岩熟成評価には以下の指標が用いられる。

(1) 生産性指数production index):S1 / (S1+S2
(2) Tmaxまた、石油根源岩から生成された炭化水素種類推定、および、有機物タイプ分類には、水素指数hydrogen index:S2 / 全有機炭素量)と酸素指数oxygen index:S3 / 全有機炭素量)のクロスプロットが利用されている。パイロリシスは他の石油根源岩評価法比べ、以下の利点があるので簡便法として広く用いられるようになってきている。
(1) 石油根源岩熟成度、有機物タイプ単一分析法で知ることができる。
(2) 岩石試料から有機物分離する必要性がない。
(3) 短時間分析できる。
(4) 岩石試料少量でも分析可能(100mg)。

 図 パイロリシス


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パイロリシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パイロリシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS