サケ科魚類のヘルペスウイルスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 感染症 > ヘルペスウイルス > サケ科魚類のヘルペスウイルスの意味・解説 

サケ科魚類のヘルペスウイルス [Salmonid herpesvirus]

 最初にアメリカサケ科魚類から分離されたヘルペスウイルスで、その後日本でも分離された。サケ科魚類のヘルペスウイルス病をまとめて"サケヘルペスウイルス感染症"とよばれている。しかし最近血清学的な研究では、アメリカ分離されたウイルス日本分離されたウイルス別種であるが、日本分離された3種ウイルス互いにきわめて類似していることが明らかになった。1951年頃からアメリカワシントン州孵化(ふか)場でニジマスの親に、毎年のように病気発生し、その原因ウイルス分離され、最初ヘルペスウイルス サルモニス(Herpesvirus salmonis)と名づけられたが、現在はサケ科ヘルペスウイルス1型とされている。このウイルス最近カリフォルニア州川へ帰ってきたスチールヘッド・トラウト(ニジマス降海型)からも分離された。
日本では十和田湖ヒメマス稚魚大量斃死(へいし)したときに、その親からヘルペスウイルス属すウイルス分離され、十和田(秋田青森)ネルカウイルス(ネブタ:NeVTA)とよばれた。一方北海道日本海沿岸孵化場で飼育されていたヤマメの親からウイルス分離され、オンコリンカス マソウウイルス(Oncorhynchus masou virus: OMV)とよばれた。その後新潟県下の養殖ヤマメ腫瘍組織からも類似したウイルス分離され、ヤマメ腫瘍ウイルス(Yamame tumor virus: YTV)と名づけられた。また、ヤマメのほかにサクラマス(ヤマメ降海型)、シロサケギンザケニジマスなどに発生する口腔基底上皮腫とよばれる腫瘍原因ウイルスOMVYTVである。現在、これら日本分離されたウイルスサケ科ヘルペスウイルス2型とされている。
症状多少相違があるが、どの病魚体黒くなり、ときには異常な泳ぎがみられ眼球飛びでること、(えら)が褪色腹部脹れること、肝臓が冒されることなどは共通している。アメリカウイルス日本のネルカウイルスはニジマス(スチールヘッド)とヒメマスに、OMVニジマスヒメマス以外にもヤマメサケカラフトマスギンザケなどに感受性示した。
どのウイルスヘルペスウイルス科DNAウイルスで、大きさ直径約100nmの正二十面体である。外側エンベロープよばれる外被をもっている。増殖適温10-15で、20以上とpH3で不活化する。なお、OMV実験的腫瘍誘発された最初の例として注目されている





サケ科魚類のヘルペスウイルスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サケ科魚類のヘルペスウイルスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サケ科魚類のヘルペスウイルス」の関連用語

サケ科魚類のヘルペスウイルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カバノリ

荷送りの儀

カラーチェンジ効果

矢竹

FLHTCU103

裏筋

ゲットアップシステム

H11T





サケ科魚類のヘルペスウイルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi

©2017 Weblio RSS