やまと学校とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 競艇大辞典 > やまと学校の意味・解説 

やまと学校

ボートレーサー育成する学校で福岡県にある。合格率30%?40前後といわれる難関突破しても、1年間厳し訓練待っている。「まるで軍隊のようだった」と漏らすレーサーもいるように、訓練内容はとても厳しい。そのため途中で挫折する者もいるが、見事訓練を終えれば晴れてボートレーサーへの道が開かれる。


ボートレーサー養成所

(やまと学校 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 05:38 UTC 版)

ボートレーサー養成所(ボートレーサーようせいじょ)は、福岡県柳川市大和町にある競艇選手(ボートレーサー)を養成するために日本モーターボート競走会(全国モーターボート競走会連合会)が設置した養成所である。


  1. ^ 競艇選手養成機関「やまと競艇学校」122期生から養成訓練費用を無償化 - ボートレース公式ホームページ内ピックアップニュース。2016年11月2日発信、同年11月3日閲覧。
  2. ^ ボートレーサー養成所 訓練内容 - ボートレース公式ホームページ内ボートレーサー養成所コンテンツ。発信日不明、2019年10月13日閲覧。
  3. ^ エー・アンド・エー「マンスリーBOAT RACE」2019年7月号「ボへんろ Fから始まる選手巡礼の旅」。現役ボートレーサーの佐藤大祐による連載記事。
  4. ^ a b c d e f g h i j ボートレーサー養成所Part1(一般財団法人日本モーターボート競走会 宮島支部有志製作)[出典無効]
  5. ^ 新人選手はクラスは原則として最低クラスのB2級からのスタートであるが、B2級でもB1級並の斡旋を受けることができる。
  6. ^ この他では江口晃生が現役選手生活を行いながら大学院に進学して修了した例もある。
  7. ^ これは現在でも20歳までの年齢制限がある競馬学校地方競馬教養センターにも言える。
  8. ^ “横浜高で甲子園2度出場の遠藤圭吾、ボート挑戦 倍率20倍突破し養成所合格”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月8日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/04/08/kiji/20200407s00053000404000c.html 2020年4月21日閲覧。 
  9. ^ 精鋭集団に注目せよ!――97期生の真実―― - @nifty競艇特集・2005年10月1日
  10. ^ やまと競艇学校106期の22人が巣立つ 卒業記念レースで岩瀬君が優勝 - 日本財団ブログマガジン・2010年3月25日
  11. ^ 「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」 2020年4月17日(金)放送内容”. 価格.com(テレビ紹介情報) (2020年4月17日). 2020年4月21日閲覧。
  12. ^ a b ここでいう総合成績は直近2回の班別試験と進級試験の成績を、ある割合で合算したもの
  13. ^ コラム〜水上の若きサムライたち〜「112期やまとチャンプ! 馬場剛(前編)」 - スポーツナビ。2017年4月1日発信、2018年5月7日閲覧。
  14. ^ 新星121期生来月2日から続々 いざ出陣 郷土勢8人紹介 - 西日本スポーツ。2017年10月31日6時発信、2018年5月7日閲覧。記事内に記述してある卒業記念競走の成績表が養成所チャンプとなっていることで名称変更が検証できる。
  15. ^ ボートレーサー訓練生が衝突死 福岡の養成学校 朝日新聞 2016年5月20日
  16. ^ 第106期選手募集から、競艇選手の門戸を拡大


「ボートレーサー養成所」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「やまと学校」の関連用語

やまと学校のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



やまと学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボートレーサー養成所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS