せんしゅうらくとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > せんしゅうらくの意味・解説 

せんしゅう‐らく〔センシウ‐〕【千秋楽】

【一】法要最後に【二】[一]が奏されるところからという》

(「千穐楽」「千穐樂」「千龝樂」とも書く)芝居相撲などの興行最後の日千歳楽楽日。らく。

[補説] 「穐(龝)」は「秋」の異体字芝居小屋などが火事通じる「火」を避け縁起のいい「亀(龜)」を含む「穐」を用いたものといわれる

物事最後終わり

【二】

[一]雅楽唐楽盤渉(ばんしき)調で新楽小曲黄鐘(おうしき)調の移調曲もある。舞はない。哀調のある曲で、後三条天皇大嘗会(だいじょうえ)に監物頼吉(けんもつよりよし)が作ったという。

[二]謡曲高砂」の終わり、「千秋楽は民を撫(な)で、万歳楽には命を延ぶ相生(あいおい)の松風颯々(さつさつ)の声ぞ楽しむ、颯々の声ぞ楽しむ」の部分婚礼などの席で謡われる。


せんしゅうらく 【千秋楽】

雅楽に千秋楽と称する一曲があり、上代仏教法会終わりにこれを奏した。相撲芝居の千秋楽はこれによると一説にある(ただし相撲などの千秋楽は能の高砂最後に歌う千秋楽からきたとの異説もある)。

千秋楽

読み方:せんしゅうらく

  1. 演劇などの無事に終り告げたる悦び祝ふていふ語である。一般に物事終りをいふ。〔役者語〕
  2. 「らく」に同じ。其興行其日限り終るといふ日。
  3. 演劇などの無事に終り告げたる悦び祝ふといふ語である。一般に物事終りをいふ。
  4. 芝居相撲などの無事終りをつげたことを祝つていう語。転じて一般に物事の終つたことをいう。
  5. らくともいう。演劇などの無事に終り告げ悦びを祝っていう語である。一般に物事終りをいう。〔芸能俳優)〕
  6. 興行打上げの日。単に楽とも云う雅楽最終奏する楽曲の名を「千秋楽」と云い、謡曲高砂おわりにも千秋楽、万歳楽とあつて、めでたく終るという意味から、この言葉を用いたのである

分類 俳優役者語、芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せんしゅうらく」の関連用語

せんしゅうらくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せんしゅうらくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS