きぼう日本実験棟とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > きぼう日本実験棟の意味・解説 

「きぼう」日本実験棟

「きぼう」打ち上げは2006年から

国際宇宙ステーション日本担当する部分は、実験モジュール「きぼう」です。
「きぼう」は、船内実験室船外実験プラットフォーム船内保管室船外パレットロボットアームから構成されています。いちばん大きいのは船内実験室で、長さ11.2m、重量15.9t、最大4名まで搭乗することができる多目的実験室です。壁面には10個の実験ラック設置され、ここで材料実験生命科学実験が行われます。室内地上と同じ1気圧が保たれ温度湿度とも快適で、搭乗員はふつうの服で作業することができます

「きぼう」日本実験棟の想像図
「きぼう」日本実験棟想像

注目を集める宇宙の曝露環境を利用した多目的実験スペース

船外実験プラットフォームは、実験装置宇宙空間直接さらして行う実験スペースです。真空無重力環境利用し、材料実験地球観測宇宙環境計測通信実験などが行われます。国際宇宙ステーションでは、曝露環境利用した実験室はここだけなので、日本の「きぼう」には大きな期待がよせられています。
このほか船外実験プラットフォーム船内実験室を結び、気圧調節しながら実験装置材料出し入れするエアロックや、搭乗員にかわって作業をこなすロボットアーム資材保管する保管室などがあります2007年度に土井隆雄飛行士STS-123ミッション船内保管室打ち上げます。その後船内実験室ロボットアーム船外実験プラットフォームの順で、3回にわたって打ち上げられていく予定です。

「きぼう」船外実験プラットフォームの実物大模型
「きぼう」船外実験プラットフォーム実物大模型

「きぼう」船内実験室のエンジニアリングモデルの外観
「きぼう」船内実験室のエンジニアリングモデルの外観




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きぼう日本実験棟」の関連用語

きぼう日本実験棟のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きぼう日本実験棟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency

©2021 GRAS Group, Inc.RSS