あかしゃのみつことは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > あかしゃのみつこの意味・解説 

あかしゃのみつこ【アカシャノミツコ】(野菜)

登録番号 第4592号
登録年月日 1995年 8月 17日
農林水産植物の種類 いちご
登録品種の名称及びその読み あかしゃのみつこ
 よみ:アカシャノミツコ
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 聖和農総研有限会社
品種登録者の住所 福岡県福岡市西区今津751番地の2
登録品種の育成をした者の氏名 木下清和 木下美津子
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は,「アイベリー」に「女峰」を交配して,選抜育成した品種であり,果皮の色が鮮赤,果形が円錘で,大きさがかなり大の一季成の促成栽培に向く品種である。  草姿中間勢は強,草丈高である。ランナー数は少,葉色濃緑形状平面小葉大きさはやや大,厚さは薄,葉柄アントシアニン有無は無である。果皮の色は鮮赤,果形は円錘,第1番果と第2番果の果形の差は中,果実大きさはかなり大,果肉色及び果心の色は白である。果実光沢はかなり良,空洞はやや小,溝はかなり少である。花の大きさ及び花房当たりの花数は中である。花柄太さは中,花柄長は長,切断難易は中である。果実硬さは中,無種子帯は少,そう果のおち込み表皮並である。果実香りはやや少,季性は一季成,開花始期及び成熟期はやや早,休眠性は中である。可溶性固形物含量は高,酸度はやや高である。  「女峰」と比較して,形状平面であること,果実大きさ大きいこと,果肉色が白であること等で,「スルガレッド」と比較して,形状平面であること,厚さが薄いこと,果形が円錘で
登録品種の育成経過概要
 この品種は,出願者のほ場福岡県福岡市)において,平成2年に「アイベリー」に「女峰」を交配し,その実生の中から勢の強い個体選抜して定植し,以後増殖及び特性の確認行い4年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。 なお,出願時の名称は「みつこ」であった。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あかしゃのみつこ」の関連用語

あかしゃのみつこのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あかしゃのみつこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2021 GRAS Group, Inc.RSS