アメリカ自然史博物館 アメリカ自然史博物館の概要

アメリカ自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/02 01:52 UTC 版)

Japanese Map symbol (Museum) w.svg アメリカ自然史博物館
2008年、セントラルパーク側から
施設情報
専門分野 博物学(自然史)
館長 w:Ellen V. Futter
開館 1869年
所在地
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークセントラルパーク・ウェスト
位置 北緯40度46分51.5秒 西経73度58分27秒 / 北緯40.780972度 西経73.97417度 / 40.780972; -73.97417
ウェブサイト http://www.amnh.org/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

建物

20世紀初頭の自然史博物館

1869年の設立当初はセントラルパーク内のアーセナル・ビルディング (Arsenal building) に置かれていた。

1874年には、マンハッタン・スクエアの大部分を占めている現在の施設が起工された。

この場所におけるランドマーク建築になっており、その敷地は南北方向では西77番ストリート (West 77th Street) と西81番ストリート (West 81st Street) とに区切れ、東西方向ではコロンバス・アベニュー (Columbus Avenue) とセントラルパーク・ウェスト (Central Park West) とに区切られる。

セントラルパーク・ウェストとは、セントラルパーク の西端とアッパー・ウエストサイド東端とに挟まれた通りの名称のことで、北はフレデリック・ダグラス・ブールバード Frederick Douglass Boulevard に延びて行き、南は8番アベニュー 8th Avenue に延びて行くので、それぞれの名で呼ばれることがある。

展示物

館内の標本展示

正門は、巨大なローマ風バシリカに通じているが、そこにあるアロサウルスから我が子を守ろうとして後ろ足で立つバロサウルス骨格標本は展示全体の中で際だっている。

本博物館は、アフリカ・アジア・北アメリカにおける哺乳類ジオラマや、海洋ホール (2003年再開) に吊るされたシロナガスクジラの実物大模型や、北西海岸部のインディアン民族であるハイダ族 (Haida) が作成した64フィート長の彩色彫刻戦闘用カヌー北アメリカ北西部由来)や、世界最大のブルーサファイアである「スター・オブ・インディア」 ('Star of India') で著名である。あるフロアでは、全体の周辺部分が、世界的に有名な恐竜群を含む脊椎動物進化に当てられている。

本博物館は、人類学上の収集でも傑出しており、以下のものがある

アジアの人々のホール、太平洋の人々のホール、アフリカにおけるヒトのホール、アメリカ・インディアン由来の収集物、そしてメキシコ及び中央アメリカからの収集物。



「アメリカ自然史博物館」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アメリカ自然史博物館に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アメリカ自然史博物館」の関連用語

アメリカ自然史博物館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アメリカ自然史博物館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ自然史博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS