認知症とは?

認知症

読み方にんちしょう
【英】:dementia

記憶障害など脳の認知機能障害により、日常生活支障をきたすようになる疾患アルコール多飲により認知症になりやすくなる。

 認知症は、記憶障害見当識障害判断力低下中核症状)を引き起こす脳の認知機能障害を指す。この障害日常生活支障をきたすようになると認知症と呼ばれる。認知症とは症候対する名称であり、種々の疾患がある。最も多く代表的疾患アルツハイマー病である。その他の原疾患としては脳梗塞に引き続いておこる脳血管性認知症幻視を伴うレビー小体病、前側頭型認知症などがある。アルコール多飲も認知症の代表的な原疾患である(アルコールと認知症の項を参照)。特に大量飲酒者において、ビタミンB1欠乏合併することでウェルニッケコルサコフ症候群(Wernicke-Korsakoff Syndrome)が発症する。この際には脳内で急速に神経細胞障害が生じており、急性期にはけいれん意識障害から死に至ることがある慢性期には認知症をきたす。


認知症

【仮名】にんちしょう
原文dementia

思考記憶学習意思決定問題解決といった能力失われた状態。この他の症状としては、人格変化感情面の問題などもみられる。認知症の原因多岐にわたり、アルツハイマー病脳腫瘍、脳の損傷などが挙げられる。認知症は通常時間経過とともに悪化していく。

認知症(痴呆)

痴呆症」に替わる用語です。脳や身体の疾患原因として、記憶認識判断学習などの知的機能低下し、自立した生活に支障が生じる状態のことです。


認知症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 05:04 UTC 版)

認知症(にんちしょう、: Dementia: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的なの器質的障害により、いったん正常に発達した知能不可逆的に低下した状態である[1][2][3]。認知症はなどヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される[1][3]。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。




  1. ^ 欧米ではVD=venereal disease=性病 の意であるため、血管性痴呆はVaDと略して区別する。
  2. ^ 原文:People with dementia who develop non-cognitive symptoms or behaviour that challenges should be offered a pharmacological intervention in the first instance only if they are severely distressed or there is an immediate risk of harm to the person or others(英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.7.2.1)
  3. ^ 原文:People with Alzheimer's disease, vascular dementia or mixed dementias with mild-to-moderate non-cognitive symptoms should not be prescribed antipsychotic drugs because of the possible increased risk of cerebrovascular adverse events and death (英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.7.2.2)
  1. ^ a b c d e f g h i j 世界保健機関 2012, DEM.
  2. ^ a b c d e f g h B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.21.3。ISBN 978-4895928526 
  3. ^ a b Alzheimer's Disease Fact Sheet (Report). アメリカ国立老化研究所. (2016-08). https://www.nia.nih.gov/alzheimers/publication/alzheimers-disease-fact-sheet. 
  4. ^ a b c d 世界保健機関 2012, p. 4.
  5. ^ a b c d e f OECD 2015, Chapt.1.
  6. ^ OECD 2015, Executive summary.
  7. ^ 世界保健機関 2012, p. v.
  8. ^ a b 世界保健機関 2016, DEM.
  9. ^ a b c OECD 2015, p. 15.
  10. ^ a b OECD 2013, Chapt.8.4.
  11. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2006, Introduction.
  12. ^ 世界保健機関 2012, p. 7.
  13. ^ 王立オーストラリア総合医学会 2006, p. 30.
  14. ^ a b c d e f かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン (Report). 厚生労働省. (2013-07). http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000036k0c.html. 
  15. ^ a b c 王立オーストラリア総合医学会 2006, p. 26.
  16. ^ Cummings, JL (1988), “Intellectual impairment in Parkinson's disease: clinical, pathologic, and biochemical correlates”, J Geriatr Psychiatry Neurol 1: 24-36, PMID 2908099
  17. ^ Aarsland, D; Zaccai, J; Brayne, C (2005), “A systematic review of prevalence studies of dementia in Parkinson's disease”, Mov Disord 20: 1255-63, PMID 16041803 
  18. ^ Lee AY (2011). “Vascular dementia”. Chonnam Med J 47 (2): 66–71. doi:10.4068/cmj.2011.47.2.66. PMC 3214877. PMID 22111063. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3214877. 
  19. ^ a b 世界保健機関 2012, pp. 19-21.
  20. ^ 国立循環器病研究センター COMCID Study
  21. ^ 読売新聞 2017年6月7日朝刊
  22. ^ a b 世界保健機関 2012, pp. 15-16.
  23. ^ Gray SL, et al. (2016-02-02). “Benzodiazepine use and risk of incident dementia or cognitive decline: prospective population based study.”. en:The BMJ. 352: i910. doi:10.1136/bmj.i90. PMC 4737849. PMID 26837813. http://www.bmj.com/content/352/bmj.i90. 
  24. ^ Gomm W, et al. (2016-09-06). “Regular Benzodiazepine and Z-Substance Use and Risk of Dementia: An Analysis of German Claims Data.”. en:Journal of Alzheimer's Disease. 54 (2): 801-8. doi:10.3233/JAD-151006. PMID 27567804. http://content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease/jad151006. 
  25. ^ Egeberg A, et al. (2016-6). “Patients with rosacea have increased risk of dementia”. en:Annals of Neurology. 79 (6): 921-8. doi:10.1002/ana.24645. PMID 27121663. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.24645/abstract. 
  26. ^ HealthDay News
  27. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.4.1.
  28. ^ a b c 王立オーストラリア総合医学会 2006, p. 27.
  29. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.4.2.
  30. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.4.3.
  31. ^ a b c d e 王立オーストラリア総合医学会 2006.
  32. ^ Ventura T, De-la-Cámara C, Lopez-Anton R, Santabárbara J, Marcos G, Quintanilla MA, Campayo A, Lobo E, Roy JF, Saz P, Olaya B, Haro JM, Rodríguez-Mañas L, Sartorius N, Lobo A (2013). “Usefulness of 2 questions about age and year of birth in the case-finding of dementia”. J Am Med Dir Assoc 14 (8): 627.e7–12. doi:10.1016/j.jamda.2013.05.006. PMID 23773305. 
  33. ^ Commission de la transparence (June 2012). “Médicaments de la maladie d'Alzheimer : à éviter [Drugs for Alzheimer's disease: best avoided. No therapeutic advantage]”. Prescrire Int 21 (128): 150. PMID 22822592. 
  34. ^ 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.6.1.
  35. ^ 光の治療的応用―光による生体リズム調節
  36. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.6.2.
  37. ^ 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.8.2.
  38. ^ a b c d e American Geriatrics Society (2014). Ten Things Physicians and Patients Should Question publisher=ABIM Foundation (Report). http://www.choosingwisely.org/doctor-patient-lists/american-geriatrics-society/. 
  39. ^ a b 王立オーストラリア総合医学会 2006, p. 32.
  40. ^ 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.7.3.
  41. ^ “抗精神病薬を大幅減 数値目標に責任者置く「G8認知症サミット」”. International Psychiatry Online:Japan. (2013年12月6日). http://ip-j.org/archives/1389 2014年8月17日閲覧。 
  42. ^ Alicia Ault (2015年3月3日). “GAO Report Cites Antipsychotic Overuse in Dementia Patients”. MedScape. http://www.medscape.com/viewarticle/840861 2015年10月1日閲覧。 
  43. ^ 英国国立医療技術評価機構 2006, Chapt.1.7.2.
  44. ^ Iwasaki K, Satoh-Nakagawa T, Maruyama M, Monma Y, Nemoto M, Tomita N, Tanji H, Fujiwara H, Seki T, Fujii M, Arai H, Sasaki H (2005). “A randomized, observer-blind, controlled trial of the traditional Chinese medicine Yi-Gan San for improvement of behavioral and psychological symptoms and activities of daily living in dementia patients”. J Clin Psychiatry 66 (2): 248–52. PMID 15705012. 
  45. ^ Matsunaga S, Kishi T, Iwata N (2016). “Yokukansan in the Treatment of Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia: An Updated Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials”. J. Alzheimers Dis. 54 (2): 635–43. doi:10.3233/JAD-160418. PMID 27497482. 
  46. ^ Mizukami K, Asada T, Kinoshita T, Tanaka K, Sonohara K, Nakai R, Yamaguchi K, Hanyu H, Kanaya K, Takao T, Okada M, Kudo S, Kotoku H, Iwakiri M, Kurita H, Miyamura T, Kawasaki Y, Omori K, Shiozaki K, Odawara T, Suzuki T, Yamada S, Nakamura Y, Toba K (2009). “A randomized cross-over study of a traditional Japanese medicine (kampo), yokukansan, in the treatment of the behavioural and psychological symptoms of dementia”. Int. J. Neuropsychopharmacol. 12 (2): 191–9. doi:10.1017/S146114570800970X. PMID 19079814. 
  47. ^ Iwasaki K, Wang Q, Nakagawa T, Suzuki T, Sasaki H (1999). “The traditional Chinese medicine banxia houpo tang improves swallowing reflex”. Phytomedicine 6 (2): 103–6. doi:10.1016/S0944-7113(99)80043-9. PMID 10374248. 
  48. ^ Iwasaki K, Cyong JC, Kitada S, Kitamura H, Ozeki J, Satoh Y, Suzuki T, Sasaki H (2002). “A traditional Chinese herbal medicine, banxia houpo tang, improves cough reflex of patients with aspiration pneumonia”. J Am Geriatr Soc 50 (10): 1751–2. PMID 12366640. 
  49. ^ Iwasaki K, Kato S, Monma Y, Niu K, Ohrui T, Okitsu R, Higuchi S, Ozaki S, Kaneko N, Seki T, Nakayama K, Furukawa K, Fujii M, Arai H (2007). “A pilot study of banxia houpu tang, a traditional Chinese medicine, for reducing pneumonia risk in older adults with dementia”. J Am Geriatr Soc 55 (12): 2035–40. doi:10.1111/j.1532-5415.2007.01448.x. PMID 17944889. 
  50. ^ Death and DALY estimates for 2004 by cause for WHO Member States (xls)”. World Health Organization (2004年). 2011年12月20日閲覧。
  51. ^ 世界保健機関 2012, pp. 14-15.
  52. ^ OECD 2015, p. 21.
  53. ^ “認知症、高齢者4人に1人 「予備軍」400万人含め”. 日経. (2013年6月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0102K_R00C13A6CR8000/ 
  54. ^ a b “認知症患者500万人、「社会費用」年14.5兆円に”. 読売. (2015年5月29日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=119226 
  55. ^ 日本神経学会、日本神経治療学会、日本認知症学会、日本老年医学会、日本老年精神医学会 (2014年6月1日), “わが国における運転免許証に係る認知症等の診断の届出ガイドライン” (プレスリリース), http://www.neurology-jp.org/news/pdf/news_20140624_01_01.pdf 
  56. ^ http://mainichi.jp/select/news/20140112k0000m040087000c.html 毎日新聞 2014年1月12日 [リンク切れ]
  57. ^ 認知症:鉄道事故死遺族ら「24時間見守りなんて無理」 毎日新聞 2014年1月12日 [リンク切れ]
  58. ^ “認知症事故判決「家族にとって救い」 誰が責任…課題も”. 朝日新聞. (2015年3月1日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3156VFJ31UTIL03C.html 2015年3月2日閲覧。 
  59. ^ 平成25年中における行方不明者の状況 - 警察庁 https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H25yukuehumeisha.pdf
  60. ^ 日経新聞 認知症で不明1万人超 13年、所在未確認2年で258人 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG05004_V00C14A6CR0000/
  61. ^ 認知症の不明者、身元特定へ連携 厚労省、警察庁などと 朝日新聞 2013年6月6日
  62. ^ 認知症女性の5千万解約、日興社員「実弟」偽る 読売新聞 2013年6月2日 [リンク切れ]
  63. ^ 無免許運転:認知症で労役場に留置、賠償求め提訴 大阪 毎日新聞 2012年11月29日 [リンク切れ]
  64. ^ 万引き 「認知症が影響」執行猶予中の再犯に猶予判決 毎日新聞 2016年4月12日
  65. ^ 「認知症」万引き 判決差し戻し 「鑑定なしは法令違反」 高松高裁 毎日新聞 2016年6月23日
  66. ^ 日本認知心理学会の意見書







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「認知症」の関連用語

認知症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重信川

コーキング材

ディシジョン・ツリー

天神木場の棚田

昆布巻かまぼこ

キャミソール

フェリー

ブナ





認知症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2017 kaigo-service.all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS