茜とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

あか ね [0] 【茜

赤根の意〕 アカネ科多年草本州以西山野自生する。つる性で,逆向きとげがある卵形長い柄をもち,四個輪生する。秋,淡黄または白色小花葉腋につける。根は黄赤色で,アリザリンなどの色素含み染料とする。また,止血解熱薬などとする。
根から採った染料
茜色」の略。
[句]


作者上田三四二

収載図書花衣
出版社講談社
刊行年月2004.7
シリーズ名講談社文芸文庫


アカネ

アカネ
科名 アカネ科
別名: -
生薬名: センソウ茜草
漢字表記
原産 日本東南アジアヒマラヤ地方
用途 茜染に用いた植物四角、根は太くダイダイ色です。根を煮込んだ液に、灰汁で処理した布をつけると、緋色赤黄色」に染まります。浄血・通経止血などの処方配合されます。
学名: Rubia cordifola L.
   

あかね (茜)

Rubia argyi

Rubia argyi

Rubia argyi

Rubia argyi

Rubia argyi

Rubia argyi

わが国本州から四国九州それに朝鮮半島中国分布しています。山野にふつうに生え、他の草木などに絡みついて伸びます。には4稜があり、下向き生えます。三角卵形から狭卵形で、4個が輪生します。このうちの2個は托葉発達したもの8月から10月ごろ、葉腋から集散花序をだし小さな淡黄緑色の花を咲かせます。根はひげ根で、古い時代から茜染め原料とされてきました。茜色とは、もともと「あずき」の種皮のような濃い赤紫色のことで、いまでは夕焼けような橙色の意味に変化しています。 
アカネ科アカネ属多年草で、学名Rubia argyisyn. Rubia akane)。英名はありません。
アカネのほかの用語一覧
アカネ:  
オオフタパムグラ:  大双葉葎
クチナシ:  黄花梔  
クルマバソウ:  アスペルラ・オリエンタリス  車葉草
ケファランツス:  アメリカ谷渡りの木

読み方
あかね
せい
せん

アカネ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/20 05:39 UTC 版)

アカネ(茜、Rubia argyi)はアカネ科つる性多年生植物。分布は中国朝鮮半島台湾日本。日本では本州四国九州に分布し、山地や野原、路傍、林の縁などでふつうによく見かけることができる[1]。和名の由来は、根を乾燥すると赤黄色から橙色となり、赤い根であることからアカネと名づけられたといわれる[1]シノニムR. akane


  1. ^ a b c d e f g h i 内藤俊彦 1995.
  2. ^ a b c d e 山田孝彦 & 山津京子 2013.
  3. ^ a b c d 馬場篤 1996.
  4. ^ 日本経済新聞2016年12月1日文化欄「日本茜 格別の赤染める◇室町時代に途絶えた古代技術 栽培から織機まで再現◇」
  5. ^ あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る 額田王  萬葉集1巻20
  6. ^ あかねさす日並べなくに我が恋は吉野の川の霧に立ちつつ 車持千年 萬葉集6巻916


「アカネ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/02 04:54 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「茜」の関連用語

茜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

信濃木苺

ヤブコウジ

ロサ・ヒューゴニス

ツノゲシ

棘苣

ヤマボウシ

天人草

タマネギ





茜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアカネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS