標本木とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 標本木の意味・解説 

標本木

読み方:ひょうほんぼく

開花状況などを知るための指標として扱われている植物の個体。特に、気象台開花状況観測するための指標として定めている桜の木を指すことが多い。

の標本木は全国96ヵ所あるとされる各地気象台それぞれ当地の標本木を観測し、花がいくつか咲かせ始め時点で「開花」を宣言する。一輪開花時点では「開花」の宣言はされない。ちなみに気象庁2010以降桜の開花予想を行っていないが、開花宣言引き続き行っている。

なお、東京都においては気象庁によって靖国神社内の特定のソメイヨシノが標本木とされている。大阪の標本木は大阪城公園内にあり、京都の標本木は京都地方気象台内にある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

標本木に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「標本木」の関連用語

標本木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

畑

児島惟謙

尾戸の口

耐震ラッチ

関西型宮型霊柩車

酒米

サウス サフォーク

丸唐組





標本木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS