本多の森の蝉時雨とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 本多の森の蝉時雨の意味・解説 

本多の森の蝉時雨

石川県金沢市

●よく聞ける時期
7月上旬から8月までの朝と夕方

●よく聞けるところ
広坂から嫁坂までのタブ・スダジイの林周辺。とくに広坂は、地元人々親しまれている。

寄りみち
金沢市内には、名庭としてあまりに有名な兼六園があり、広大園内には、四季折々の楽しみがある。香林坊近くには、武家屋敷跡もあり、寺社多く加賀百万石城下町として古都散策楽しめる

本多の森の蝉時雨 ヒグラシは、沖縄を除く日本全土分布し、東京以北では平地に、関東以西では山地スギ林などの湿った生息している。

 金沢では、山地平地ともに生息しているが、ここ「本多」は、市街中心であるにもかかわらず河岸段丘なので、古くから比較的自然が保たれ、タブ・スダジイなどの木々が茂る。

 ここのでは、毎年7月上旬から8月まで、ヒグラシ鳴き声存分に聴くことができる。

 一日のうちでは、おもに朝夕鳴くため、通勤・通学時間帯と重なって、道ゆく市民人々の耳に親しまれている。

 熱い夏の朝夕、市街地一服清涼感をかもし出している。本多の森の蝉時雨

アクセス

電車バスJR北陸本線金沢駅から片町方面行きバス片町または香林坊下車県庁市役所方面へ歩いて兼六園へ。本多は、兼六園南隣りの「石浦神社」から。
マイカー北陸自動車道金沢東IC、または金沢西IC金沢市内へ。

問合わせ先
金沢市環境部環境保全課・石川県金沢市西念町103街区1、0762・34・5123





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「本多の森の蝉時雨」の関連用語

本多の森の蝉時雨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊豆沼・内沼のマガン

麻綿原のヒメハルゼミ

碁石海岸・雷岩

鳴門の渦潮

横浜港新年を迎える船の汽笛

柴又帝釈天界隈と矢切の渡し

後良川周辺の亜熱帯林の生き物

出水のツル





本多の森の蝉時雨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.

©2016 Weblio RSS