文化政策とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 政策 > 文化政策の意味・解説 

文化政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/06 08:31 UTC 版)

文化政策(ぶんかせいさく、: cultual policy)とは、芸術・文化を対象とする公共政策である。狭義には芸術政策、広義には文化人類学的意味での文化を対象とした政策のことを指す。広義の文化政策には、芸術政策のほかに、言語政策・宗教政策が含まれる。学術研究においては、芸術学音楽学美学哲学といった人文科学領域のほか、経済学(特に文化経済学)や、社会学(特に文化社会学)、法学政治学行政学などの社会科学領域を横断する学際的研究によって支えられている。また、現場における実践的な知の蓄積との関わりも深い。






「文化政策」の続きの解説一覧





文化政策と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「文化政策」の関連用語

文化政策のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

灰重石

ブラック・ベールテール・エンゼル

日本の人工衛星

AT-500型

プロバクトロサウルスの一種

秋の彼岸

モハ2形

諏訪堰





文化政策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化政策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS