経済学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 経済学 > 経済学の意味・解説 

経済学


経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 13:41 UTC 版)

この記事では経済学(けいざいがく、: economics)について解説する。経済学の原語であるeconomicsという語彙は、新古典派経済学者アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』(: Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされる[1]




  1. ^ 井澤 2011.
  2. ^ 広辞苑第六版【経済学】
  3. ^ アダム・スミス; 水田洋訳 『諸国民の富の性質と原因の研究国富論)』上巻 河出書房新社2005年1月10日、353頁。ISBN 4-309-96187-8 
  4. ^ エンゲルス『反デューリング論』第二篇 経済学、岩波文庫版 一 対象と方法 9頁および10頁
  5. ^ カール・マルクス資本論』、岩波文庫版 一 序文 14頁
  6. ^ ライオネル・ロビンズ; 小峯敦・大槻忠志訳 『経済学の本質と意義』 (初版) 京都大学学術出版会2016年1月25日、17頁。ISBN 9784876988853 
  7. ^ 小畑二郎 『ケインズの思想 不確実性の倫理と貨幣・資本政策』 (初版) 慶應義塾大学出版会株式会社、2007年11月10日、320-321頁。ISBN 978-4-7664- 1441-7 
  8. ^ ロナルド・H・コース; 宮沢健一 後藤晃 藤垣芳文訳 『企業・市場・法』 (3版) 東洋経済新報社1993年2月1日、3-4頁。ISBN 978-4-4923-1202-5 
  9. ^ Myreson, R. B. 1999 Nash Equilibrium and the History of Economic Theory. Journal of Economic Literature, 37, no. 3, pp. 1067-1082
  10. ^ ハンス・ブレムス; 駄田井正 伊原豊實 大水善行 他訳 『経済学の歴史 1960-1980』 (初版) 多賀出版株式会社、1996年5月10日、398-399頁。ISBN 4-8115-4111-1 
  11. ^ ハンス・ブレムス; 駄田井正 伊原豊實 大水善行 他訳 『経済学の歴史 1960-1980』 (初版) 多賀出版株式会社、1996年5月10日、12-16頁。ISBN 4-8115-4111-1 
  12. ^ Henry Dunning Macleod, 1821-1902.,
  13. ^ 放送大学「もう一度みたい名講義~放送大学アーカイブス~ 近代経済思想('87)第1回 西部邁「経済思想とは何か」 」(2011.6.25 23:00~23:45放送) での西部邁の指摘
  14. ^ The dismal science、Wikipedia
  15. ^ ハンス・ブレムス; 駄田井正 伊原豊實 大水善行 他訳 『経済学の歴史 1630-1980』 (初版) 多賀出版株式会社、1996年5月10日、128-146頁。ISBN 4-8115-4111-1 
  16. ^ G. Hogdson 2007 Evolutionary and Instituional Economics as the New Mainstream? Evolutionary and Institutional Economics Review 4(1): 7.25. Eric D. Beinhocker 2006 The Origin of Wealth / Evolution, Complexity, and the Radical Remaking of Economics. Harvard Business School Press.
  17. ^ 「ケンブリッジ資本論争」の問題点 (pdf)” (1989年5月30日). 2016年6月1日閲覧。
  18. ^ 越後和典 (pdf) 『新オーストリア学派の国家論』 彦根論叢 滋賀大学〈第369号〉、2007年11月、97-113頁http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/eml/Ronso/369/echigo.pdf2016年6月9日閲覧 
  19. ^ 経済統計学会”. 2016年6月10日閲覧。
  20. ^ 福永文美夫 (2002年12月). “企業経済学の胚胎 ースミス、ミル 、マーシャルの企業観ー (PDF)”. 久留米大学 商学研究. 2016年6月10日閲覧。
  21. ^ 大湾秀雄. “人事経済学 (PDF)”. 東京大学 社会科学研究所. 2016年6月10日閲覧。
  22. ^ 松繁寿和 (2012年4月). “人事の経済学 (PDF)”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. 2016年6月10日閲覧。
  23. ^ 小原美紀 (2010年5月). “家計行動と開発経済学 (PDF)”. 大阪大学. 2016年6月10日閲覧。
  24. ^ 「金融経済学ハンドブック」 ISBN 4621076728, ISBN 4621076736 は"Handbook of the economics of finance" ISBN 0444513620, ISBN 0444513639 を翻訳したもので、Financial economicsについてのハンドブックである。政府の金融政策や銀行など金融仲介機関の分析に関連した分野(en:Monetary economics)と金融市場における金融商品の価格形成や投資家行動、企業の財務調達や資本構成に関連した分野(en:Financial economics)は共に日本語で金融経済学と呼ばれることがある。ただ一般的には金融経済学と言うと後者のFinancial economicsを指し、前者のMonetary economicsはマクロ経済学と同一視される場合が多い。[要出典]
  25. ^ 山川俊和 (2014年1月). “自然資源貿易論の再検討 (PDF)”. 一橋経済学, 7(2): 91-112. 一橋大学機関リポジトリ. 2016年6月10日閲覧。
  26. ^ エネルギー・資源学会 (2016年5月). “エネルギー・資源学会論文誌”. 一般社団法人 エネルギー・資源学会. 2016年6月10日閲覧。
  27. ^ 高橋孝明. “不動産情報の経済学:情報独占の弊害 (PDF)”. 東京大学 空間情報科学研究センター. 2016年6月10日閲覧。
  28. ^ 玉田康成研究会 6期生. “スポーツの経済学~プレミア・リーグ NFLの成功を探る~ (PDF)”. 2007年度三田祭論文. 2016年6月10日閲覧。
  29. ^ 阪本浩章 (2015年7月16日). “生産者理論入門 (PDF)”. 2016年6月9日閲覧。


「経済学」の続きの解説一覧

経済学

出典:『Wiktionary』 (2011/04/19 15:47 UTC 版)

名詞

けいざいがく

  1. 経済研究分野とする学問

発音

け↗ーざ↘いがく

関連語

翻訳






経済学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

経済学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「経済学」の関連用語

1
政治経済学 国語辞典
100% |||||

2
理財学 国語辞典
100% |||||


4
72% |||||


6
70% |||||

7
70% |||||



10
58% |||||

経済学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

裏メリヤス編み

ネパレンシス・テピカ

喜多方ラーメン

ヨーグリート オレンジ

掛盤膳

docomo PRIME series P-01A

ユビナガワモンヤドカリ

龍脳





経済学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの経済学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS