大和国とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 大和国の意味・解説 

大和国

読み方:ヤマトノクニ(yamatonokuni)

旧国名現在の奈良県

別名 倭、大倭大養徳


大和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/07 21:10 UTC 版)

大和国(やまとのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。畿内に属する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『日本歴史地名体系 奈良県の地名』(平凡社)大和国節。
  2. ^ 大和国(藩名・旧国名がわかる事典)(朝日新聞社コトバンクより)。
  3. ^ 『続日本紀』天平9年(737年)12月27日条。
  4. ^ 『続日本紀』天平19年(747年)3月16日条。
  5. ^ 国史に改名記事がないため時期は諸説あるが、天平宝字元年(757年)の『養老令』施行からが有力視される(上田正昭『私の日本古代史(上)』(新潮選書)pp. 142-143)。
  6. ^ 『和名抄』の大和国式下郡大和郷(おおやまとごう)、現在の大和神社(奈良県天理市新泉町)付近(『日本歴史地名体系 奈良県の地名』(平凡社)大和国節より)。
  7. ^ 『日本古代史大辞典』(大和書房)大和国項。
  8. ^ 上田正昭『私の日本古代史(上)』(新潮選書)pp. 140-142。
  9. ^ 「旧高旧領取調帳」では後に大多喜県が管轄したとしているが、三河国にも飛地のあった大多喜藩は、慶応4年の徳川宗家転封より領地を上総国夷隅郡にまとめられているため、同時に奈良県に移管されたものと思われる。
  10. ^ 同年4月27日(1868年5月19日)にかけて移管。
  11. ^ 『和名類聚抄 20巻』(国立国会図書館デジタルコレクション)12コマ参照。
  12. ^ 『拾芥抄 3巻』(国立国会図書館デジタルコレクション)52コマ参照。
  13. ^ 『節用集 易林本』(国立国会図書館デジタルコレクション)136コマ。
  14. ^ 現在の橿原市大軽町と石川町の接点丈六、ここを軽の衢という。久米町、西池尻/東池尻、高取町土佐の三説ある。
  15. ^ 『日本中世国家と諸国一宮制』(2009年)索引p. 7。
  16. ^ 『日本中世国家と諸国一宮制』(2009年)p. 41。
  17. ^ 今谷明「室町時代の伝馬について」(小笠原長和 編『東国の社会と文化』(1985年、梓出版社))
  18. ^ 永島福太郎『奈良文化の伝流』(1944年、中央公論社)
  19. ^ 田中慶治「室町期大和国の守護に関する一考察 -幕府発給文書を中心に-」(初出:矢田俊文 編『戦国期の権力と文書』(高志書院、2004年) ISBN 978-4-906641-80-2/所収:田中『中世後期畿内近国の権力構造』(清文堂、2013年) ISBN 978-4-7924-0978-4
  20. ^ 今谷明「室町時代の河内守護」(『大阪府の歴史』7号、1976年)
  21. ^ 今谷明「守護領国制下に於ける国郡支配について」(『千葉史学』創刊号、1982年)


「大和国」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大和国に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大和国」の関連用語

大和国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スパニッシュ・カナリー

高浜海水浴場

井上良馨

博多ラーメン

TMAX

液状化現象

水準点

発馬機





大和国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大和国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS