応神天皇とは?

おうじん てんのう -てんわう 【応神天皇】 ○

記紀所伝第一五代天皇誉田別命(ほんだわけのみこと)漢風諡号(しごう)仲哀天皇皇子。母は神功皇后。この時期朝鮮中国から渡来して技術移入する者が多く大和朝廷勢力大い発展した。「宋書」の倭王讃をこの天皇にあてる説がある。

応神天皇

誉田別尊は、母の神功皇后(じんぐうこうごう)が新羅へ渡ったときに身篭っていたことから「胎中天皇」などと呼ばれる
出産した場所は筑紫宇美といわれ今でもその地に宇彌神社がある。
仲哀九年のことである。
神功皇后胎中天皇一行三韓征伐後、九州から瀬戸内海を東へと進み大阪湾入り大和目指したが、留守役の異母兄弟である香坂王忍熊王大和入りを阻まれた。
なぜか香坂王に喰われてしまい障害とはならなかったが、忍熊王摂津から山城入り抵抗示した。
しかし神功皇后側の武勇人である建振熊に計られて近江退き琵琶湖入水して果てたという。
話は少し逸れるが、神武東征神話にはこの応神天皇の大和入り事績反映しているのではないかという説がある。
時代的には神武東征神話のほうが古く応神天皇の大和入りのほうが新しいのだが、「記紀」の撰録八世紀であり、藤原不比等らの撰録への意図的関与があったであろうから仕方が無いことであろう
さて、その後誉田別尊は、神功皇后摂政三年立太子し、同六十年神皇后死去に伴いその翌年に即位。
皇后には品陀真若王の娘仲姫とし、多数皇妃迎え大鷦鷯尊20人を超える皇子女をもうけたという。
宮は軽島に明宮を建てたが、のち難波大隈宮に移した。
応神天皇の時代は朝鮮半島通じてさまざまな技術集団渡来して、農地改良馬・太刀・縫製論語千字文典籍などをもたらし技術改革文化振興が行われた。
応神天皇の実在性有力視され、「宋書倭国伝」のいわゆる倭の五王」のうちの最初の王「讃」をあてる場合が多い。
応神天皇は記では110歳、紀では130歳で没したという。
15代天皇
天皇名応神天皇
読み方おうじんてんのう
名・諱等誉田別尊
読み方ほむたわけのみこと
時代区分古代
天皇在位270?年から310?年
生年生年不詳
没年没年不詳
仲哀天皇
神功皇后
兄弟誉屋別皇子香坂王忍熊王
配偶者仲姫
皇子大鷦鷯尊
即位宮軽島豊明宮
天皇陵惠我伏崗陵
所在地大阪府羽曳野市誉田


應神天皇 惠我藻伏崗陵
(おうじんてんのう えがのもふしのおかのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第15
天 皇 名 :應神天皇
おうじんてんのう
御   父 仲哀天皇
御   母 皇后神皇后
御 陵 名 :惠我伏崗陵
(えがのもふしのおかのみささぎ
陵   形 前方後円
所 在 地 大阪府羽曳野市誉田6丁目
交通機関等 近鉄道明寺下車  西へ1.2km
陵印保管場所 古市陵墓監区事務所

応神天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 03:57 UTC 版)

応神天皇(おうじんてんのう、仲哀天皇9年12月14日 - 応神天皇41年2月15日)は、第15代天皇(在位:応神天皇元年1月1日 - 同41年2月15日)。誉田別尊(ほむたわけのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと/ほんだのすめらみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称される。麛坂皇子忍熊皇子は異母兄にあたる。




  1. ^ 『日本の歴史 第1巻 神話から歴史へ』 中央公論社 1964年、中公文庫 1973年/文庫改版 2005年,405頁
  2. ^ 岡田英弘『倭国』中公新書、1977年、189-190頁。
  3. ^ 塚口義信の説。古代日向の謎 「神武東征」伝説の背景 : こだわり歴史考 : 教育 文化 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2004年07月03日(リンク切れ)
  4. ^ 【倭の五王(わ‐の‐ごおう)】” (日本語). デジタル大辞泉. 2012年11月28日閲覧。
  5. ^ 『書紀』は分注に一伝として、元は去来紗別尊(いざさわけのみこと)といい、気比神宮の笥飯大神と名前を交換して譽田別尊の名を得たのであろうが、他に所見なく未詳、としている。これは『古事記』仲哀天皇段に見える「魚(な)と名(な)の交換」の説話を、「名前の交換」と解釈した誤伝であるが、詳しくは「氣比神宮」参照。
  6. ^ 赤城(2006,118)
  7. ^ 佐藤(2006,213)
  8. ^ a b 『先代旧事本紀』は記紀と異なり、宮主宅媛を山無媛(やまなしひめ、香室媛)、日触使主を物部多遅麻連(たじまのむらじ)女とする。
  9. ^ 雌鳥皇女 めとりのおうじょKotobank
  10. ^ 岡田隆夫「軽島豊明宮」『国史大辞典』 吉川弘文館。
  11. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。
  12. ^ 阿花王(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)(朝日新聞社コトバンクより)。
  13. ^ 『日本古代氏族人名辞典 普及版』(吉川弘文館、2010年)阿花王項。


「応神天皇」の続きの解説一覧





応神天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「応神天皇」の関連用語

応神天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フィリネ・トラペジア

ヨセミテ国立公園

ゴースト

伊勢志摩国立公園

ブラック・エンゼル

TW225

平歯車

ブリー・トリュフ





応神天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2017.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2017 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの応神天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS