美濃国とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 美濃国 > 美濃国の意味・解説 

美濃国

読み方:ミノノクニ(minonokuni)

旧国名現在の岐阜県南部


美濃国

美濃国では「美濃彫」という特徴的彫金技法を用いた作品多くある。「美濃彫」という呼称稲葉通竜が著した『装剣奇賞』の中の一節「光暁、濃州住光暁と銘せり。縁の天井まで金着にして秋の野など至って深彫にす。光政、光伸、右に同じ世に是を美濃彫といひ、或は美濃後藤などとも称する事、詳かならず。」とあり、ここからの名称であることが知れる美濃彫の作には秋草意匠多く材質赤銅地はほとんどないまた、目貫以外のものには魚子をまき、鍔は切羽台と耳を残し、他は鋤き下げる事を常としている。一方、古美濃汎称される金工作品もあるが、これは美濃風の作柄示しながら製作期が桃山時代上がる装具に対しての名称である。美濃彫特徴を持った桃山以前の作を桃山時代以降美濃彫遡及的有縁推定して表現したものが古美濃呼ばれているのである。したがって古美濃とは美濃近似した作柄時代が古いということ確定的言えるだけで、必ずしも美濃で作られているという事を意味するものではない点注意が必要である。
関連用語 : 秋草図鐔 秋野鹿図縁頭 山椒図目貫 這龍図目貫 

美濃国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/02 02:05 UTC 版)

美濃国(みののくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東山道に属する。




  1. ^ 美作国(作州)との重複を避けるため二文字目を用いるが、古くは「美州」とも呼ばれた。「のうしゅう」と読むのは江戸時代後期以降。
  2. ^ 舘野和己「『古事記』と木簡に見える国名表記の対比」、『古代学』4号、2012年、20頁。
  3. ^ 筧敏生「古代国家の形成と美濃・飛騨」 松田之利・谷口和人・筧敏生・所史隆・上村恵宏・黒田隆志『岐阜の歴史』山川出版社 2000年 52-53ページ
  4. ^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成 中巻』


「美濃国」の続きの解説一覧





美濃国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「美濃国」の関連用語

美濃国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

猛禽図目貫

米俵図鐔

櫓透図鐔

猛虎図目貫

高士隠棲図鐔

数珠繋図鍔

白鳥図小柄

鶉図目貫





美濃国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美濃国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS