吉野和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 吉野和紙の意味・解説 

吉野和紙(よしのわし)

所在地 奈良県吉野郡吉野町
【主製品】 宇陀紙
吉野和紙
吉野和紙
吉野の紙の存在一般的に知られるようになったのは、近世徳川期に入ってからですが、伝説によると、「壬申の乱吉野で兵を挙げた大海人皇子おおあまのおうじ)(後の天武天皇)が国栖(くず)の里人紙漉き養蚕教えたのが始まりである」と伝えられています。今は亡き寿岳文章先生の説によれば7世紀初め寺院などへ納品するため恵まれ大和の国伝えたとのこと。

もともと国栖紙くずがみ)として古くから知られていましたが、江戸時代大和宇陀町の商人全国的売りさばいていたため、すっかり宇陀紙うだがみ)と名づけられ、今なおその名のとおり、表装裏打紙(うらうちがみ)として、重要な和紙として重宝がられています。

明治末期までは230余り紙漉家々があったといいます。日清日露大戦日中事変大東亜戦争男手が取られ、終戦後はわずか40余りとなり、その後手漉き和紙伸び悩み割箸への転業多く出ました。こうした状況の中で、奈良県和紙商工業共同組合発足し、名声高い吉野表装宇陀紙本腰を入れて取り組み、現在12戸の紙漉く家がおのおの頑張っています。後継者も 3戸にできて、張り切っています。

吉野には文化財指定を受けた紙が3種あります
宇陀紙コウゾ原料に、吉野でしか採取できない白土混入して漉いた紙は、表装に用いた時粘りがあり、狂いが生じないのが特徴です。木灰宇陀紙国宝修理用として使用されています。
美栖紙みすがみ)―同じくコウゾ使用し、漉いた紙をすぐ板に張り付ける(簀伏せ)ため柔らかく、表装用中裏紙(なかうらがみ)として欠かすことのできない和紙です。
吉野紙コウゾ使用し、美栖紙と同様簀伏せします。ウルシ濾すために使用します。

他に草木染め和紙書道用として使用されています。またスギ和紙最近人気を呼んでいます。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

吉野和紙に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉野和紙」の関連用語

吉野和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

吉野和紙

深野和紙

駿河柚野紙

越前和紙

越中和紙

さつま和紙

石州和紙

近江和紙





吉野和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS