島崎雪子 島崎雪子の概要

島崎雪子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/21 14:17 UTC 版)

しまざき ゆきこ
島崎 雪子
島崎 雪子
1952年頃
本名 土屋 とし子
生年月日 1931年2月25日(84歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1949年 - 1967年1981年
配偶者 神代辰巳(映画監督)
(1955年~1967年)
主な作品
映画
めし』(1951年 成瀬巳喜男
若い人』(1952年 市川崑
七人の侍』(1954年 黒澤明
暗黒街の弾痕』1961.1.3 岡本喜八
『顔役暁に死す』(1961年 岡本喜八

経歴

終戦後、役者を志し、中央演劇学校で学び、1949年俳優座養成所の2期生に。1950年に藤本真澄の目に適い、映画『山のかなたに』でデビュー。1951年東宝に入社。映画『めし』『若い人』『七人の侍』などに出演し活躍。東映や日活、新東宝の映画にも多数出演している。

1955年に当時は日活の助監督であった神代辰巳と結婚。

1959年からはシャンソン歌手としても活動を始め、同年の「第10回NHK紅白歌合戦」に歌手として初出場した(詳細は下記参照)。この回の紅組の初出場は他にザ・ピーナッツらがいる。

1963年、銀座にシャンソニエ「エポック」を開店し、後に高級クラブへと形態を変えながらも約20余年経営する。1967年に神代辰巳と離婚(後年、別の男性と再婚)したのを機に芸能界から退いた。

1981年、舞台『プラトーノフ』で紀伊国屋ホールに出演し、芸能界へ一時復帰を果たした。

主な出演

映画

テレビドラマ

舞台

  • コマ爆笑ミュージカル(1960年10月、新宿コマ劇場
    • 秋のパレード 
    • マゲモノ・ミュージカル 灰神楽道中 - 雪絵
  • 西郷輝彦特別公演「心をこめてあなたに」「俺は挑戦する」
  • プラトーノフ

NHK紅白歌合戦出場歴(歌手として)


  1. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年) ※写真のみ


「島崎雪子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「島崎雪子」の関連用語

島崎雪子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



島崎雪子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島崎雪子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS