島崎鶏二とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 島崎鶏二の意味・解説 

島崎鶏二

読み方しまざき けいじ

洋画家長野県生。島崎藤村次男川端画学校学び、のち渡仏してピカソ・マティスなどを研究二科展出品続け昭和11年「おび」「」「少年」で推奨となり、翌年同会会員となる。草原舞台痩身少年少女を描き、詩的哀愁を帯びた繊細画風で、岡田謙とともに二科の精鋭と称された。昭和19年1944)歿、37才。

島崎鶏二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/06 14:44 UTC 版)

島崎 鶏二(しまざき けいじ、1907年9月8日 - 1944年10月10日)は、大正時代-昭和時代初期の画家。父は島崎藤村。現在においては、画家としてより、精神的に不安定だった父をよく補佐した「秘書」としての役割のほうが高く評価されている人物である。




「島崎鶏二」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「島崎鶏二」の関連用語

島崎鶏二のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



島崎鶏二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島崎鶏二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS