みな殺しの歌より 拳銃よさらば!とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 日本の映画作品 > みな殺しの歌より 拳銃よさらば!の意味・解説 

みな殺しの歌より 拳銃よさらば!

原題:
製作国:日本
製作年:1960
配給:東宝
スタッフ
監督:須川栄三 スガワエイゾウ
製作:山本紫朗 ヤマモトシロウ

三輪礼二 ミワレイジ
原作:大藪春彦 オオヤブハルヒコ大薮春彦
脚色:寺山修司 テラヤマシュウジ
撮影:太田幸男 
音楽:中村八大 ナカムラハチダイ
美術:竹中和雄 タケナカカズオ
録音:三上長七郎 ミカミチョウシチロウ
照明:金子光男 カネコミツオ
キャスト(役名
水原弘 ミズハラヒロシ (衣川恭介)
平田昭彦 ヒラタアキヒコ (衣川耕三)
島崎雪子 シマザキユキコ (衣川美子
北あけみ キタアケミ (由利子)
仲代達矢 ナカダイタツヤ (坪田
田武謙三 タブケンゾウ (舟橋
有木山太 アリキサンタ (小田
宮口精二 ミヤグチセイジ (高橋
仲谷昇 ナカヤノボル (大村
丹波哲郎 タンバテツロウ (田辺
岸田今日子 キシダキョウコ (サリー
中北千枝子 ナカキタチエコ (のぶ)
八色賢典  (伊津久)
松本梁升  (佐野刑事
西条悦朗 サイジョウエツロウ (岡島主任
天本英世 アマモトヒデヨ (木谷
八木沢武治  (仁太)
宮田芳子 ミヤタヨシコ (夜の女
ジェリー藤尾 ジェリーフジオ (波岡
解説
大藪春彦ハードボイルド小説映画化で、「乾いた湖」の寺山修司脚色し、「山のかなたに」の須川栄三監督した。撮影太田幸男担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
刑務所帰り衣川恭介を、自家用車で兄耕三が迎えた。その夜田辺という男に呼び出された耕三は、何者かに轢き殺された。兄嫁の真美子誘惑を恭介は拒んだ。恋人ストリッパー由利子を訪ねた恭介は、彼女のヒモチンピラ波岡叩きのめされた。恭介は兄の親友坪田に、兄や田辺のことを聞いたが何もいわない。兄の残した財布の鍵でロッカーをあけた。そこにはドイツ製の拳銃ワルサーP38があった。坪田一人の男と口論していた。田辺だ!坪田遂に真相を語った。耕三、坪田田辺七人一年銀行襲い千五百万円強奪した。その時使用したワルサーと金田辺家の墓に隠した。そして恭介の出所の日、田辺仲間反対をふっきって墓をあけた。金もワルサーもなかった。田辺は耕三を疑った。坪田ワルサーについては語らない。恭介は兄の仇をワルサーでとろと誓った。田辺が死んだ。彼にアリバイがあった。残った男--外車セールスマン大村ナイトクラブ支配人舟橋落ちぶれた流行歌手小田時計商高大村羽田空港で死んだ。警察同一ワルサーが臭いと捜査乗りだした。坪田舟橋に耕三には恭介という弟がいることを話した。舟橋は真美子共謀して恭介を狙った。が、二人逆に殺られた。連続殺人小田仕業と思った高橋は、公園に彼を呼び出した。対決する二人のうしろにもう一人の男忍びよった。小田高橋も死んだ。目的をはたして恭介は坪田ところに戻った。坪田サンドバッグを切り開いた。耕三が隠し千五百万円が入っていた。ワルサーをはさんで二人はにらみあった。血を呼び死を誘う兇銃ワルサーは、残った二人をも倒した。

みな殺しの歌より 拳銃よさらば!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 08:37 UTC 版)

みな殺しの歌より 拳銃よさらば!』(みなごろしのうたより けんじゅうよさらば)は、1960年11月29日に公開された日本のアクション映画東宝スコープ・モノクロ・87分。




「みな殺しの歌より 拳銃よさらば!」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「みな殺しの歌より 拳銃よさらば!」の関連用語

みな殺しの歌より 拳銃よさらば!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



みな殺しの歌より 拳銃よさらば!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのみな殺しの歌より 拳銃よさらば! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS