hingeとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > hingeの意味・解説 

ヒンジ [1] 【hinge】

上下左右には動かないが,回転は自由であるような材と材の接点または支点の状態。また,そのため機構ちょうつがい

ヒンジ

別名:蝶番
【英】hinge

ヒンジとは、固定された軸を支柱として一方向回転できるようにした機構のことである。

ヒンジは建築における扉をはじめ、機械道具など様々な場面で用いられる。IT用語としては、ノートPC折りたたみ式携帯電話などの「クラムシェル型」の電子機器において重要な部品となる。ヒンジの開く角度や、開いた状態を保つホールド力、開閉スムーズに行える滑らかさ、破損しない丈夫さなどが求められ、それらの調整によって製品使用感影響を受ける。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
ハードウェア:  GPGPU  ハードウェア  ヘアライン加工  ヒンジ  ホットスワップ  カタログスペック  環境

ヒンジ

英語 hinge

ドア類を開閉する蝶番のこと。ボンネットフード、ドアトランクリッドバックドアスライドドア、フィラーリッドなどに使われている。ロック機構ペアで、閉扉状態を保持するための強度機能部材繰返し開閉対す耐久強度、大荷重強度垂れ下がり強度衝突でも壊れない強度、さらに衝突時にフロントウインドウガラスやバックウインドウガラスへ侵入して2次災害を起こさせない配慮も必要。

ヒンジ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ヒンジ

(hinge から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/12/15 14:18 UTC 版)

ヒンジ (hinge)


蝶番

(hinge から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 15:43 UTC 版)

シンプルな蝶番

蝶番(ちょうつがい、: hinge)とは、開き・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品である。建築業界では丁番の表記、「ちょうばん」の読み方が主流である[1]。英語のhingeからヒンジの呼称も使用される[2]

語源と慣用語

語源は「の番(つがい)」であり、その形状を、とまっている雄蝶と雌蝶のカップルに見立てたものである。古文書和歌などに「てふつがひ」として出てくるので、古くから使われた日本語と思われる。

蝶番(ちょうつがい)を「ちょうばん」と呼び、当て字「丁番」を用いるようになった時期は明確ではないが、現代ではむしろ、こちらが主流となっているが、NIS(戦前のJIS規格に該当する規格)には180°以上開くものは蝶番、以下のものは丁番となっている。

種類

平蝶番
一般的なもの
旗蝶番
取付側と扉側がそれぞれ上下に分かれたもののうち、プレートの高さが全体の約半分になっているもの。それぞれを抜いて、取付側の羽根を逆さまにして見ると「旗」のように見える。プレートが上下に重なるため、板厚分の隙間を少なく出来る。玄関ドア等の鋼製ドアには標準的に採用され、室内ドアにも多く採用されている。
抜き蝶番
軸部分が分割されていて、を取り外せるもの。広義では上記の旗蝶番を含むが、狭義では一般的な蝶番と同じ形で、取付側と扉側のプレートの高さが同じもの(従来型と比して「二管蝶番」とも)を指す。
裏蝶番
扉を閉めた状態で、蝶番が見えないように取付られたもので、内外の区別のある収納などに使用される。名前の由来は扉側のプレートを、扉の裏側に取付していることから。収納や制御盤などに使われている。多くの家具類やシステムキッチン等で使用されるスライド蝶番もこの一種と区分できる。
隠し蝶番
扉を閉めた状態で、蝶番が見えないように取付られたもの。扉側のプレートを、扉の厚みの中に埋め込み、取付側も同様に埋め込んで取り付られる。高級ドアなどに使われている。
なつめ蝶番
フランス蝶番とも呼ばれる装飾蝶番。
自由蝶番
手前、奥の両方向に動く蝶番。厨房等のバックヤードの入口等に多く用いられる。
グレビティヒンジ
扉を開くと螺旋状にせり上がり、自重で自動的に閉まるようにしたもの。

出典

  1. ^ 丁番”. 住宅建築専門用語辞典. 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ 意匠分類定義カード(M3) (PDF)”. 特許庁. 2015年12月30日閲覧。

関連項目


HINGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/19 04:56 UTC 版)

HINGE
シェーン・ガラーススタジオ・アルバム
リリース
レーベル ZAIN RECORDS
プロデュース シェーン・ガラース
シェーン・ガラース 年表
Primer
2003年
HINGE
2005年
テンプレートを表示

『HINGE』(ヒンジ)は、カナダ出身でドラマーシェーン・ガラースがリリースした2枚目のオリジナルアルバムである。

収録楽曲

  1. To The Ground
  2. Inside Out
  3. Just Like You
  4. Hearing What You Said
  5. The Wave
  6. Broken Stranger
  7. Sickify
  8. Funny People
  9. Derailed
  10. Til Forever Ends
  11. Respect The Zamboni
  12. Party Dude(The Second Coming)

参加ミュージシャン

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「hinge」の関連用語

hingeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

hTc Z

シュラウド

トルクスねじ

eneloop

Lumia 1020

オデッセイ

アルミボディ

フォールトトレラントサーバー





hingeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリヒンジの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンジ (改訂履歴)、蝶番 (改訂履歴)、HINGE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS