flash pointとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > flash pointの意味・解説 

引火点

読み方いんかてん
【英】: flash point

試料規定条件加熱しながら小さな炎を近づけたとき、試料液面のすぐ上の蒸気引火する最低の試料温度をいう。
引火点は物質特有恒数ではなく、その値は試験器の種類測定法によって少しずつ異なる。引火点試験器には、大きく分けて密閉式と開放式2 種類がある。密閉式は小炎をのぞかせる時にだけふたの一部開けるもので、開放式はふたの付いていないのである密閉式の方が、ふたがあるだけ液面直上蒸気濃度が高くなるので、低い温度引火する。日本工業規格JIS)では、引火点が 95 下の原油、ナフサ灯油などにはタグ密閉式を、引火点が 50 上の軽油重油などにはペンスキー・マルテンス密閉式を、引火点が 80 ℃上の潤滑油石油アスファルト流動パラフィンなどにはクリーブランド開放式を、それぞれ使うよう規定されている(K2265 原油および石油製品引火点試験方法)。なお、まだ日本工業規格JIS)にはないが、高粘度試料測定に、従来試験器を用い、外浴を恒温水槽に変え、極めてゆっくり試料温度上げていく方法平衡法)が ISO 規格などにある。引火点は危険性揮発性目安となり、また精製良否判断する材料となる。

引火点

【英】flash point

規定条件試料加熱して小さな炎を液面に近づけたとき,油蒸気空気混合気体引火する最低の試料温度。ペンスキーマルテンス密閉式。クリーブランド開放式COC)などの試験方法がある。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

フラッシュポイント

(flash point から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/12 14:53 UTC 版)

フラッシュポイント(英語:flash point)とは引火点の意味である。

ゲーム


引火点

(flash point から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/30 14:58 UTC 版)

引火点(いんかてん、: flash point)とは、物質が揮発して空気と可燃性混合物を作ることができる最低温度である。この温度で燃焼が始まるためには点火源(裸火、火花など)が必要である。また引火点ぎりぎりでは、いったん引火しても点火源がなくなれば火は消えてしまう。燃焼が継続するためにはさらに数度高い温度が必要で、これを燃焼点という。さらに高温になると点火源が無くとも自発的に燃焼が始まり、この温度を発火点という。

引火点は、火災予防の見地から、燃料やその他の液体の危険性を表現するために用いられる。例えばアメリカ合衆国では引火点が華氏100度(摂氏37.8度)以下の液体を引火性(flammable)、それ以上の液体を可燃性(combustible)と区分する。また日本消防法では、第4類危険物(引火性液体)をその引火点に応じてさらに区分して数量規制を行っている。

仕組み

あらゆる液体は蒸気圧を持っていて、液体の温度があがると蒸気圧も増加する関係にある。気液平衡が成り立つ状態では、蒸気圧が増加すれば空気中の蒸気濃度も増加するので、可燃性液体から揮発した蒸気濃度は液温によって決まる。

空気中で燃焼できる濃度は物質によって異なっており、燃焼範囲と呼ばれている。液温が十分に低い場合には蒸気が充分な濃度に達しないため、点火源があっても燃焼が始まることはない。温度が上がり液面上での蒸気濃度が燃焼範囲の下限に達して初めて燃焼が始まる。この温度が引火点である。

測定法

引火点の測定法を大別すると密閉式と開放式がある。密閉式の場合、試料に蓋をして、蓋を通して点火源を出し入れする構造になっている。蒸気の温度が液温と平衡しているか否かによって2通りの方式がある。開放式の場合には蓋がなく蒸気が大気中へ拡散していく。そのため密閉式よりも着火しにくく、蒸気圧が燃焼範囲の下限となる温度よりも高い温度が測定される。また液面からの高さによって蒸気濃度が異なり、試験炎を近づける高さが液面から離れるほど着火しにくく、その結果として測定される引火点は高くなり燃焼点に近づいていく。

タグ密閉法
非平衡密閉式の試験法で、ガソリン灯油などの比較的引火点の低い(93°C以下)石油製品に用いられる。粘性が高かったり、不均質な試料には使えない。日本ではJIS K 2265-1:2007で規定されているが、対応する国際規格はない。
迅速平衡密閉法
セタ密閉式ともいう。石油溶剤など幅広く用いられる。国際規格としてISO 3679:2004があり、日本ではJIS K 2265-2:2007で規定されている。
ペンスキーマルテンス密閉法
平衡密閉式の試験法で、主に原油重油などの燃料油に用いられる。均等に熱が行き届くよう、試料は常に撹拌されながら徐々に加熱されていき、一定の間隔で炎が器に向けられる。国際規格としてISO 2719:2002があり、日本ではJIS K 2265-3:2007で規定されている。
クリーブランド開放法
開放式の試験法で、おもに潤滑油などの引火点の高い(79°C超)石油製品に用いられる。国際規格としてISO 2592:2000があり、日本ではJIS K 2265-4:2007で規定されている。

引火点の利用例

各種燃料の引火点・発火点
燃料 引火点 発火点
エタノール (70%)[1] 16.6°C 363°C
ガソリン -43°C 246°C
軽油 >62°C 210°C
ジェット燃料 >60°C 210°C
ケロシン >38–72°C 220°C
植物油 327°C
バイオディーゼル >130°C

引火点が利用されている例として、エンジンを用いる。

ガソリンエンジン点火プラグからの火花によって点火するエンジンである。 ガソリンはその蒸気が燃焼範囲に収まるように空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱されて、点火プラグで着火する。しかし適切なタイミングよりも前に、エンジンの熱によって発火しては困る。したがってガソリンは低い引火点と高い発火点を持つことが要求される。

一方ディーゼルエンジンには点火源がなく、その代わりに圧縮比が高い。 まず空気が圧縮されて温度がディーゼル燃料(軽油重油)の発火点を上回る。そこへ高圧の燃料が燃焼範囲になるよう噴射され、発火する。したがって、ディーゼル燃料には高い引火点と低い発火点を持つ事が要求される。

参考文献

  1. ^ Ethanol MSDS”. North American Fire Arts Association (2001年4月17日). 2016年3月29日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

flash pointに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「flash point」の関連用語

flash pointのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インダクション検層

インサイド・ブローアウト・プリベンター

外弧盆地

セメント・ボンド検層

ノーズ構造

火成岩

洋上備蓄

ボランズ方式





flash pointのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラッシュポイント (改訂履歴)、引火点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS