CH星とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > CH星の意味・解説 

CH星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/16 18:58 UTC 版)

CH星[1](しーえいちせい、CH star[1][2]、CH型星[2])は、スペクトルに強いCHの吸収帯がある炭素星である。種族IIに属する恒星であり、金属量が少なく、中程度の年齢であり、古典的なC-N炭素星と比べると光度は小さい。多くのCH星は、連星であることが知られており、全てのCH星が連星だと考えるのが合理的である。バリウム星のように、現在は白色矮星になっている、以前の炭素星から質量転移が行われた結果が現在のCH星であると考えられている。




  1. ^ a b 『天文学大事典』 地人書館、初版第1版、277頁。ISBN 978-4-8052-0787-1
  2. ^ a b 『オックスフォード天文学辞典』 朝倉書店、初版第1刷、170頁。ISBN 4-254-15017-2


「CH星」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CH星」の関連用語

CH星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



CH星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCH星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS