CCR5とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > CCR5の意味・解説 

炭化五鉄

分子式CCr5
その他の名称:炭化五鉄、ペンタクロム-炭素Chromium carbide(Cr5C)、Pentachromium carbide、Pentachromium carbon炭化鉄(Cr5C)、Iron carbide(Fe5C)、Pentairon carbide、Pentairon carbon炭化鉄(Fe5C)、五鉄-炭素


CCR5

CCR5, C-C-chemokine receptor-5

【概要】 C-Cケモカイン・リセプター5。樹状細胞マクロファージ細胞表面にある蛋白一つケモカイン受容体HIV樹状細胞マクロファージ感染するときにはHIVのgp120という蛋白CD4結合し、さらにgp41とCCR5が結合することにより、ドアが開くようにウイルスの膜と細胞の膜が融合する。HIVというウイルス2種類の鍵を同時に開けないと細胞内に侵入できない。  

【詳しく】 HIV感染の危険が高い行為があるのに感染しなかった女性調べると、単球表面のCCR5の分子異常をホモ接合体で持っていた。CCR5がドア鍵穴とすればHIVの鍵にあう穴がなくて細胞内に入れなかったためと理解された。一方、同じ異常をヘテロ接合体持っている女性は、HIV感染するが進行が緩やかであることがわかったワクチン新し治療法開発につながる発見考えられている。

《参照》 受容体共同受容体ケモカイン樹状細胞マクロファージCXCR4ワクチン侵入阻害剤


CCR5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/10 07:31 UTC 版)

C-Cケモカイン・レセプター5 (C-C chemokine receptor type 5) は、CCR5あるいは、CD195とも呼ばれる膜タンパク質である[1][2] [3]。 ヒトでは、CCR5タンパク質をコードするCCR5遺伝子は、第3染色体短腕(p)21領域に配置されている[4]。この膜タンパク質は、白血球表面に存在し、ケモカインの受容体として機能することで免疫系に関与している。即ち、T細胞が特定の組織および器官をターゲットに引き付けられるプロセスに関係する[1][2]




「CCR5」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CCR5」の関連用語

CCR5のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



CCR5のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCCR5 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS