銀河系の発見とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 銀河系の発見の意味・解説 

銀河系の発見

ガリレオが自作望遠鏡で「天の川が銀河系の一部」と確認

1610年イタリアガリレオ・ガリレイ自作望遠鏡天の川がたくさんの星の集まりであることを確認しました。じつは、この天の川私たちの住む銀河系一部分の姿でした。このような天の川見て18世紀ドイツの哲学カントは、私たちのまわりの星はレンズ型に集まった銀河系形づくっていると考えましたレンズ内側に私たちがいて、そこからまわりを見渡しているので、レンズ半径方向星が見える、それが天の川というわけです。


「銀河モデル」をつくりあげたウィリアム・ハーシェル

天の川が、銀河系横から見たすがただと気づいたのは、天王星発見有名なイギリス天文学者ウィリアム・ハーシェルです。ウィリアム・ハーシェルは、全天の星をたんねん数え上げ、図のような銀河系の形を考えました中心に太陽があり、厚みが直径の1/5ほどの円盤状しています


太陽系の位置は銀河の中心から約2万8,000光年

銀河系円盤状の形をしているということ確かめたハーシェル研究すばらし功績でしたが、現在の銀河系像とはだいぶ異なってます。ウィリアム・ハーシェルは、私たちの住む太陽系銀河系中心にある考えました。この考え方20世紀初頭になって研究者たち支持されいました。しかし1918年アメリカシャプレーは、太陽系銀河中心からおよそ5万光年(のちに28,000光年訂正)も離れていることを明らかにしました。さらに1950年ごろには、オランダのファン・デ・フルストが銀河系巨大な渦巻きの腕をもつことを明らかにしました現在では銀河系は、直径10万光年渦巻き型をした円盤と、それをほぼ球状包み込むハローからなり全体で半径数十万光年になると考えられています。そして銀河系全体毎秒220kmの速度回転していると考えられています。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

銀河系の発見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀河系の発見のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency

©2022 GRAS Group, Inc.RSS