適格機関投資家とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 投資家 > 適格機関投資家の意味・解説 

適格機関投資家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/02 11:22 UTC 版)

適格機関投資家(Qualified Institutional Investor; QII)は、金融商品取引法上の概念。「有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定める者」(金商法2条3項1号)。プロ私募やプロ私売出し、適格機関投資家等特例業務の定義などで用いられており、その結果、一般投資家に比べて関連する規制は緩やかである。「アマ」である一般投資家に対して「プロ」とも通称される。 また、適格機関投資家は当然に特定投資家である(金商法2条31項1号)。




「適格機関投資家」の続きの解説一覧



適格機関投資家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「適格機関投資家」の関連用語

適格機関投資家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



適格機関投資家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの適格機関投資家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS