腹部突き上げ法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 腹部突き上げ法の意味・解説 

腹部突き上げ法


ハイムリック法

(腹部突き上げ法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 02:41 UTC 版)

ハイムリック法(ハイムリックほう、: Heimlich maneuver/manoeuvre、英語正式名は Abdominal thrusts[1])は、ハイムリッヒ法腹部突き上げ法(ふくぶつきあげほう)、上腹部圧迫法(じょうふくぶあっぱくほう)とも呼ばれ[2][3][4]、外因性異物によって窒息しかけた患者を救命する応急処置である。1974年にこの方法を初めて記載した医師ヘンリー・ハイムリックにその名前を因む。


注釈

  1. ^ 食べ物がのどに詰まることで起きる窒息のこと[14]
  2. ^ 英: Day, DuBois, and Crelin

出典

  1. ^ The American Red Cross 2005 Guidelines for Emergency Care and Education (PDF)”. American Red Cross. pp. 1–31 (2005年). 2007年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月11日閲覧。
  2. ^ こどもの事故を防ぐために”. 浦安市. 2017年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c 『運転者による応急救護処置』 一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会、2012年9月、33頁。 
  4. ^ 誤嚥時の異物除去の方法”. 社会福祉法人 渓仁会. 2017年12月30日閲覧。
  5. ^ a b Nolan, JP; Soar, J; Zideman, DA; Biarent, D; Bossaert, LL; Deakin, C; Koster, RW; Wyllie, J et al.. “European Resuscitation Council Guidelines for Resuscitation 2010 Section 1. Executive summary”. Resuscitation 81 (10): 1226. doi:10.1016/j.resuscitation.2010.08.021. PMID 20956052. 
  6. ^ a b Mayo Clinic staff (2011年11月1日). “Foreign object inhaled: First aid”. メイヨー・クリニック. 2017年2月11日閲覧。
  7. ^ a b c Charles D. Bortle, EdD, Office of Academic Affairs, Einstein Medical Center. “気道確保および管理”. MSDマニュアル プロフェッショナル版. MSD. 2017年2月13日閲覧。
  8. ^ a b Heimlich Maneuver for Adults and Children Older Than 1 Year-Topic Overview”. First Aid & Emergencies. WebMD (2015年5月22日). 2017年2月13日閲覧。
  9. ^ a b Abdominal thrusts”. MedlinePlus. National Institutes of Health. 2016年3月11日閲覧。
  10. ^ Heimlich maneuver on self”. MedlinePlus. National Institutes of Health. 2016年3月11日閲覧。
  11. ^ チョーキング・チャーリー”. レールダル英語版. 2017年2月13日閲覧。
  12. ^ Broomfield, James (2007年1月1日). “Heimlich maneuver on self”. Discovery Channel. 2007年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年6月15日閲覧。
  13. ^ Choking first aid - adult or child over 1 year - series”. MedlinePlus. National Institutes of Health. 2016年3月11日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “Cafe Coronary”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  15. ^ Markel, Howard (2014年6月16日). “Dr. Howard MarkelHow Dr. Heimlich got his maneuver 40 years ago”. PBS News Hour. 2017年2月10日閲覧。
  16. ^ a b Pai-Dhungat, JV; Parikh, Falguni. “Heimlich Manoeuvre”. Journal of the association of physicians of india 63 (march, 2015): 123. http://www.japi.org/march_2015/121_heimlich.pdf 2017年2月11日閲覧。. 
  17. ^ Choking – adult or child over 1 year”. Medline Plus. アメリカ国立衛生研究所. 2014年5月30日閲覧。
  18. ^ Choking”. 全米安全評議会英語版. 2014年5月30日閲覧。
  19. ^ International Consensus On Cardiopulmonary Resuscitation (CPR) and Emergency Cardiovascular Care (ECC) Science With Treatment Recommendations (2005). “Section 1: Part 2: Adult Basic Life Support”. Circulation 112 (III): 5–16. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.105.166472. http://circ.ahajournals.org/cgi/content/full/112/22_suppl/III-5 2005年5月2日閲覧。. 
  20. ^ The American Red Cross Unveils Innovative New First Aid and CPR/AED Training Programs”. American Red Cross (2006年4月4日). 2006年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月3日閲覧。
  21. ^ “Heimlich, on the maneuver”. New York Times. (2009年2月6日). http://www.nytimes.com/2009/02/06/opinion/l06heimlich.html?_r=1&scp=1&sq=heimlich&st=cse 2009年2月7日閲覧。 
  22. ^ “Lifejackets on Ice (August 2005)”. University of Pittsburgh Medical School英語版. p. 15. http://pittmed.health.pitt.edu/AUG_2005/life_jackets.pdf?_r=1&scp=1&sq=heimlich&st=cse 2009年5月24日閲覧。 
  23. ^ Pamela Mills-Senn. “A New Maneuver (August 2005)”. Cincinnati Magazine. https://books.google.com/books?id=rcMqOFGzb_oC&pg=PA88&dq=a+new+maneuver+mills-senn&hl=en&ei=fMpxTpuWMsqitgewiPnnCQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCsQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false 2013年12月22日閲覧. "There was never any science here. Heimlich overpowered science all along the way with his slick tactics and intimidation, and everyone, including us at the AHA, caved in." 
  24. ^ Australian(and New Zealand) Resuscitation Council Guideline 4 AIRWAY (PDF)”. Australian Resuscitation Council (2010). 2009年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月9日閲覧。
  25. ^ Heimlich Institute on rescuing drowning victims”. 2008年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年6月5日閲覧。
  26. ^ Heimlich Institute on rescuing asthma victims”. 2011年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年6月5日閲覧。
  27. ^ Heimlich, Peter M. “'Outmaneuvered - How We Busted the Heimlich Medical Frauds'”. 2007年6月22日閲覧。
  28. ^ Heimlich's son cites Dallas case in dispute.”. Wilkes-Barre News (2007年8月22日). 2017年2月13日閲覧。
  29. ^ a b “Part 10.3: Drowning”. Circulation (American Heart Association) 112 (24): 133–135. (November 25, 2005). doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.105.166565. http://circ.ahajournals.org/cgi/content/full/112/24_suppl/IV-133 2008年4月4日閲覧。. 
  30. ^ At 96, Dr. Heimlich finally uses his life-saving technique”. Cincinnati.com. 2016年5月27日閲覧。
  31. ^ Dr Heimlich saves choking woman with manoeuvre he invented”. BBC. 2016年5月27日閲覧。
  32. ^ a b “訂正:窒息救命の「ハイムリック法」考案者、96歳で自ら女性救助”. ロイター通信. (2016年6月3日). http://jp.reuters.com/article/heimlich-save-woman-idJPKCN0YL06H 2017年2月6日閲覧。 
  33. ^ Elliott, Jane (2003年3月9日). “Heimlich: Still saving lives at 83”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2825971.stm 2008年9月2日閲覧。 
  34. ^ Walters, Joanna (2016年5月27日). “Dr Henry Heimlich uses Heimlich manoeuvre to save a life at 96”. https://www.theguardian.com/us-news/2016/may/27/dr-heimlich-performs-heimlich-manoeuvre-for-first-time-aged-96 2017年2月6日閲覧。 


「ハイムリック法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「腹部突き上げ法」の関連用語

腹部突き上げ法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



腹部突き上げ法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイムリック法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS